造形表現学科

たくましい心と感性を育てる

 
  • instagram

学科TOPICS

学科コンセプト

たくましい心と感性を育てる

造形表現学科は、「たくましい心と感性を育てる」を目標に、美術・工芸・映像・ デザインなどの造形表現を通した人間形成に取り組んでいます。現代社会において、若者は与えられることに慣れ、自ら考え行動することを苦手とする傾向にあります。本学科では、学生一人ひとりの個性に応じた助言や支援を行い、主体的に行動できる自律した心と感性を育て、社会人として生きていくための力を養っていきます。

多彩な分野から自分の表現をみつけよう

本学科の特徴は入学時から専門分野を絞らず、自らの表現の方向性を在学中にみつけていけることです。 1年次に様々な造形表現を体験し、2年次に専門的 な表現の基礎を学び、3・4年次で専門性を深めて いきます。

新領域
「表現と社会」がスタートします。

2019年4月より新領域「表現と社会」がスタートします。
〈描く〉〈つくる〉に加え、〈人とのつながりの中で造形表現をいかす領域〉です。 造形表現を社会に活用していくための科目を学ぶこともできるようになります。

「育ちのための表現」カリキュラム
学校の内外を問わず、乳幼児から18歳までの幅広い育ちの現場において、子どもに関する知識と理解を備えた造形表現者として、人の育ちをサポートできる人材を養成していきます。

「アートマネージメント」を学べる芸術学研究室
2018年度よりスタートした芸術学研究室が中心となり、多様化するアートシーンにおいて近年重要視されてきているアートマネージメントを実践的に学び、表現者と社会をつなぐことのできる人材を育てます。

主な就職先・取得できる資格

取得できる資格と取得指導を行う資格検定

  • 中学校教諭1種(美術)
  • 高等学校教諭1種(美術)
  • 学芸員
  • カラーコーディネーター検定
  • Web デザイナー検定
  • インテリアコーディネーター検定
  • CG クリエイター検定
  • 福祉環境コーディネーター検定
  • マルチメディア検定

先輩の声

番組美術制作
株式会社NHKアート勤務
M.Y.さん(平成29年卒業)

好きな美術を基礎から学び、教職や学芸員の資格も取得して将来を熟考した結果、テレビ番組の美術制作へ。美術全体を構成するコーディネーターとして3年目を迎える。

教職や学芸員への道も模索。大学で幅広く学ぶうちに、テレビ番組の美術に関わるという一番の夢が見つかりました。

高校生の頃は将来の夢に悩み、親しんできた美術を学べる大学に行けば何か見つけられるかもと考え、東京家政大学へ。油彩画やデジタルデザイン、陶芸や染色など、さまざまな芸術分野を基礎から学べるほか、教職課程や、学芸員の資格取得の授業もあり、将来の道が広がるのではと思ったのです。大学では「西洋美術史」に興味を持ち、関連する本を読んだり映画を見たり、専門研修「イタリア文化・美術研修」に参加して本物の西洋美術に触れる経験もしました。最終的には、小さい頃から興味のあった舞台やテレビのセットに関わる仕事をメインに就職活動。現在は主に、NHKの番組セットの美術業務に携わっています。デザイナーが描いたセットのデザイン画を形にする仕事で、小道具、電飾、衣裳などの専門会社に発注し、芙術全体を構成していく、コーディネーターとして効率よく物事を進める役割を担っています。
授業で学んだデザインソフトの使い方はPC業務に直結していますし、作品制作に懸命に取り組んだ時間など、充実した大学生活の全てが今につながっています。何もないスタジオにセットが組み立てられていくまでの工程はおもしろく、出米上がったときにはやりがいを感じます。今後もセットに関する知識を増やし、向上心を持ちながら、満足できる仕事を続けていけたらと思っています。

小学校図工教諭
東京都 公立小学校勤務
K.T.さん(平成27年卒業)

勤務して5年目。東京都が行う3年目の若手研修を修了し、理想とする先生像へ近づくために、日々新しい情報を吸収し、何事にも前向きにチャレンジしたいと考えている。

楽しむことで、子どもが思いがけない発見をしてくれる。“気付き"が次の活力につながっていると感じています。

高校では合唱部に所属し、ステージ背景や小道具も作っていました。それを見た顧問の先生に「造形で表現することが向いているね」と言っていただいたことが、造形表現学科を選んだきっかけです。絵画や陶芸など輻広い分野を学び、自分のやりたい表現方法を見つけるのにぴったりだと考えました。現在、図工専科の教員として、3〜6年生11クラスの授業を担当しています。特に教材研究に力を入れているのですが、索材や大きさなど試行錯誤を繰り返し、自分も子どもも「これなら絶対に楽しい」と思えるものを追求します。準備は大変ですが、授業ではいつも私の想像を超えた新しい発見があり、子どもたちが成長したなと実感できた時はとてもやりがいを感じます。図画エ作は扱う領域が広いので、大学の造形表現学科で学んだ輻広い知識や技術的なスキルが役立っています。また、校外でのアートプロジェクトやボランティア活動でさまざまな価値観の方と関わり、そこで培ったコミュニケーションカがこの仕事に生かせていると思います。"好き"を仕事にできているのは幸せなことです。また、図工専科に限らず小学校の教諭は、産休・育休後も復掃しやすく、将来のビジョンが描きやすい職業だと思います。今後は、家庭も仕事も充実させて、何事にも前向きに挑戦していきたいと考えています。

羊毛フェルト作家
coco coco felt works 主宰
K.A.さん(平成23年卒業)

ネット・出展販売、講師だけでなく、大手出版社発行のカレンダー制作や通販雑誌の手作りキット監修など、活躍の幅が広がる。インスタグラムのフォロワー数は2万人以上。

趣味で始めた作品が、人を笑顔にできることに感動。人とのつながりを大切に、これからも喜びを届け続けたい。

子どもの頃からものづくりが好きだった私は、高校卒業後は美術系に進みたいと考えていたものの、究めたい道が定まらず悩んでいました。そんなとき、担任の先生から東京家政大学を教えていただいたのです。大学在学中は素材や技法、制作上のプロセスなど、多くの表現方法を学ぶことができました。実は就職活動の気分転換に、羊毛フェルトで動物を作り始めたのですが、気付けばその数が結構な凪になっていました。喜んでくれる)がいればと神社などで開備される「てづくりr1T 」で販売すると、ブースの前に人だかりができて衝撃を受けました。多くの方に買っていただき、とてもうれしかったです。卒業後は、アルバイトと並行してブログやネット販売、イベントヘの出展など少しずつ活動を続けました。作品を見てくれた方からウェルカムドールの住文やカルチャーセンターの講師の仕事をいただいたりと、収入も安定してきたので、3年前から羊毛フェルト作家として専念しています。昨年、百貨店に出展した際に出会った陶芸作家さんが出版社に勤めていて、そのご縁でカレンダーの制作に携わることができました。また、通販雑誌の手作りキットの監修を依頼されるなど、新しい仕事にも挑戦しています。これからも人とのつながりを大切に、喜びを届けられる作品を作り続けていきたいです。

教員一覧

学科紹介UNDERGRADUATE