人文学部の紹介

 

学部長メッセージ

人文学部 学部長

三浦 正江

人文学部 学部長


人文学部は、1986年に狭山キャンパスで文学部として始まりました。当時は、英語英文学科と心理教育学科の2学科でしたが、その後、2009年に板橋キャンパスに移転して現在の人文学部となり、英語コミュニケーション学科、心理カウンセリング学科、教育福祉学科の3学科となりました。

それぞれ特色のあるユニークな学科ですが、共通するキーワードは「多様性の尊重」です。
英語コミュニケーション学科では、日本とは異なる言語、文化、歴史、宗教等をもつ人々とのコミュニケーションがテーマです。心理カウンセリング学科では、うつ病やいじめ・不登校などの心の問題をはじめ、様々な心のありようを扱います。教育福祉学科では、高齢、障害、貧困、虐待など様々な困難を抱えた人々や世代を超えた教育の在り方を考えます。いずれの学科においても、多様な人々の存在を知り、かかわり、理解し合うことを目指しています。

3学科が取り上げるテーマは、現代の日本社会における大きな課題であり、グローバルな時代で生きるための必須事項です。今後、私たちは様々な国の人々と共に学び、働くことになりますし、一人一人の生活や家庭の状況はますます多様化していきます。そしてその中で、真の心の豊かさを求めるようになるでしょう。人文学部は、まさにこのような未来に対するあり方を模索し、社会の中でできることを自ら考え、実行していく人材を育てることを目指しています。

人文学部各学科の人材養成・教育研究上の目的

人文学部は、専門的な学術の理論と実践的な知識や技術を教授し、国際的な視野に立ち、人間理解を深め、多種多様な考え方を受容できる能力を養い、社会で活躍する人材を育成する。

  • 英語コミュニケーション学科は、国際化時代に対応できる英語によるコミュニケーション能力を養成し、英米文学・英語学・英語教育に関する学識を深め、視野の広い総合力を持った人材を育成する。
  • 心理カウンセリング学科は、医療・教育・産業等の社会のあらゆる領域において、心理学の知識と対人関係スキルを備えた実践力のある人材を育成する。
  • 教育福祉学科は、複雑化した社会における生涯にわたる人間関係の諸問題に対応する総合的な力を育成し、ライフコースを支援できる専門知識や技術を持つ人材を育成する。