ヒューマンライフ支援センター

 

Hulip(ヒューリップ)

ヒューマンライフ支援センターは、地域社会と大学を結ぶ窓口として、平成14年(2002年)10月に設立されました。

これまでに培ってきた専門分野の知的資源を地域社会に還元するとともに、「地域のニーズに学生の学びで応える」をモットーとして、授業だけでは得がたい社会での実践教育を試行する場でもあります。

活動の内容は、リエゾン部門、学術・教育事業部門、広報・制作事業部門、子育て支援 森のサロン部門(板橋区地域子育て支援拠点事業)、障がい児支援 わかくさグループ部門、ピンクリボン運動事業部門、障害者スポーツ栄養支援部門の7つの部門を柱に活動を行っています。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。