東京家政大学総合研究プロジェクト

 

― 「ひとの生(Life)を支える学の構築」研究の挑戦 ―

本学の独特のプロジェクト研究を2017年度より検討し、2018年度後半から取り組みを開始しました。大きな研究テーマとして、「ひとの生(life)を支える学の構築」を掲げ、東京家政大学としての教育・研究を推進し、研究面での特色化を図ることにしました。

ここに、本学の研究の根幹を「ひとの生(Life)を支える学」の総合的研究として、社会にエビデンスのある健康生活の知恵である家政大メソッドの情報を発信する挑戦を始めます。これらの研究には本学4学科にまたがる研究者約40名が参加しており、ライフステージごとにまとめた成果は、公開講座、書籍、学会発表、プラットフォームでアウトプットしていきます。これらは、少子高齢化が進む地域の課題を解決へ導くことに貢献すると考えられます。同時に本学の研究の知名度および自立した生活基盤を有する女性を育成する家政大学のイメージ向上を目指します。

10/27(日)シンポジウム開催

「東京家政大学から発信する いきいき健康長寿―高齢者力アップ」

  • 日付: 令和元年10月27日(日)
  • 時間: 13:00~16:20(開場12:30~)
  • 時間: 120周年記念館2階 120-2C講義室
  • 入場無料
  • 要 事前申し込み【こちらよりお申込みください】
  • ご案内チラシは【こちら】
タイトル
健康寿命とフレイル予防について 木元 幸一 特任教授/リハビリテーション学科
良質な筋力強化と反応能力 清水 順市 教授/リハビリテーション学科
健康寿命はお口の健康から ―オーラルフレイル予防の必要性― 内野 美恵 准教授/ヒューマンライフ支援センター
良質なたんぱく質食品をとる ―卵の力と栄養― 峯木 眞知子 教授/栄養学科
良質な睡眠をとる 岡島 義 准教授/心理カウンセリング学科
「演劇」に体当たりするシルバー世代 ―シアター、クリエイティブ・ドラマが生き甲斐を変える― 花輪 充 教授/児童学科