東京家政大学総合研究プロジェクト

 

― 「ひとの生(Life)を支える学の構築」研究の挑戦 ―

東京家政大学は「140周年とその先を目指して-本学の将来ビジョン-」を掲げ、東京家政大学総合研究プロジェクト「ひとの生(Life)を支える学の構築」事業を開始しました。
生命の誕生期から高齢期まで、各ライフステージと生活場面を健康で安心・安全に、生きがいをもち、生きるうえで大切なことを明らかにして、課題解決に生かすことができる本学の教育・研究を世に問います。

TOPICS

事業内容

本学が構築を目指す「ひとの生(Life)を支える学」は、現代社会を生き抜く上で全ての人が身に着けるべき生活の基盤をなすものである。本学は明治時代より女性活躍社会の到来を見据え専門的知識技能を養うと共に、実践的で責任を重んじ勤労を好み社会の形成と運営に貢献できる女性の育成を使命としてきた。この教育成果を踏まえて、本学では以下を将来ビジョンとして策定した。
1:「ひとの生(Life)を支える学」を構築し、研究・教育を推進する。
2:「ひとの生(Life)を支える学」を身につけ、自立した生活基盤を有する女性を育成する。
3:「ひとの生(Life)を支える学」にもとづいた「家政大メソッド」を生かすことのできる
女性の高度専門職業人を育成する。
4:「ひとの生(Life)を支える学」を社会に還元できる共感型リーダーを育成する。

複合的学際研究の統合

本事業で行う「ひとの生(Life)を支える学」の構築では、「健康」に焦点を当てて5つのライフステージごとに各研究で得られたエビデンスに基づく健康生活の知恵である本学独自の「家政大メソッド」を確立する。これは、化学、生物学、工学などの諸学問の成果を取りこみ学際的に発展してきたこれまでの家政学の個々の研究成果を、さらに統合して再構築するという独自の発想の元で誕生した。本学はこれまでの教育と研究の実績から、子ども期、青年期、子育て期、壮年期、高齢期までの全てのライフステージを対象に、総合的・学際的・多面的に「健康生活研究」を行うことができる。これは少子高齢化時代の地域社会が抱える課題を解決するものである。

総合研究プロジェクトを支える4つの力

シンポジウムの開催

これまでの活動報告