家政学部の紹介

 

学部長メッセージ

笹井 邦彦

家政学部 学部長


家政学部は校祖 渡邉辰五郎先生が明治14年に開設した「和洋裁縫伝習所」を基に、大正11年に開設された東京女子専門学校を経て、昭和24年に他の女子専門学校に先がけて東京家政大学家政学部(生活学科児童栄養専攻、被服科学科)を開設し、その後、学科が再編され、現在は「児童学科」、「児童教育学科」、「栄養学科」、「服飾美術学科」、「環境教育学科」、「造形表現学科」の6つの学科から構成されています。そして、その理念は校祖 渡邉辰五郎先生の「女性の自主自律を願い、時代に即応した学問技芸に秀でた師表となる有能な女性を育成する」という建学の精神を継承し実践してきています。

家政学とは私たちが人として生活をしていく上で欠かすことができない、「衣、「食」、「住」、「子育て」、「教育」、「環境」、「創造と表現」に基づいた領域ですが、まさに人の生を支えるなくてはならない領域です。また、多種多様な価値観、文化を持った現在の社会状況や情報が行き交う現況において、真の事実を追求し、発信を行う必要不可欠な領域と言えます。また、建学の精神である女性の「自主自律」を基に、将来、社会で女性が重要な位置において活躍できるための多くの免許資格が取得できる環境が整っていることを大きな特徴としています。

家政学部各学科の人材養成・教育研究上の目的

家政学部は、各専門分野の学術的知識と伝統ある充実した実践技術を教授し、人と人の繋がりを大切にする心を育み、豊かな生活を築くとともに社会で活躍する人材を育成する。

  • 児童学科は、子ども一人ひとりを尊重し、その健全な心身の形成ができる人材養成を目的とするそのための学術的・実践的探究を通し、幼稚園教諭、保育士などの免許・資格の取得を軸に、高度な専門性と豊かな心を持ち教育と保育に貢献する人材を育成する。
  • 児童教育学科は、知的探究心が旺盛で、豊かな心をもち、健康な身体をもった児童の育成のできる教員を養成することを目的とする。そのために、理論とともに優れた実践力を兼ね備えた小学校教諭を主に、幼稚園の教諭を育成する。
  • 栄養学科は、人々の食と健康の向上に尽力する人材を養成する。そのために食品学、栄養学、社会医学・臨床医学等の分野で知識、技能を教育し、研究を指導・遂行する。また、栄養士・管理栄養士、中学校・高等学校教諭・栄養教諭等の資格・免許を取得して社会で活躍する人材を育成する。
  • 環境教育学科は、「暮らし」という身近な環境中の諸問題を考察し問題解決を実践できる教育指導者・技術者の育成を行う。このような人材を育成することで、地域レベルのみならずグローバリズムに基づいた環境改善に対する問題提起と問題解決を実践できる人材を輩出することを教育研究上の目的とする。
  • 服飾美術学科は、デザイン、服飾造形、服飾工芸、アパレル設計、服飾文化、ビジネス、素材・加工・整理を総合したカリキュラムのもとに、服飾を科学とファッションの両面からとらえ、アパレル・教育界に貢献できる人材を育成する。
  • 造形表現学科は、社会環境の変化や家政学部の美術に相応しい教育内容に応えるため、デザイン、アート、映像、工芸、建築、インテリアを基礎から総合的に学ぶことにより、生活空間を美しく快適に創造し、たくましい心と感性を持つ人材を育成する。