教育福祉学専攻

 

教育福祉学専攻について

専攻主任あいさつ

教育福祉学専攻では、学部から進学してくる大学卒業生だけでなく、社会人として活躍し関係分野について 興味・関心を持っている方、職業生活の中で課題を抱え解決したいと考えている方や、自らの知識・技術を さらに深め・高めたいと考えている方にも来ていただきたいと考えています。在学年数も二年間から四年間まで 選ぶことができます。カリキュラムでは、特に、論文を書いたことがない大学卒業生や、研究方法がわからない という大学院生のためにも、研究法関連の科目が用意されています。修士論文をまとめる場合、 より実践的な課題研究を追求しまとめる場合など、進学者の将来を見据えて対応していきたいと思います。

教育福祉学専攻主任 井森 澄江

教育福祉学専攻の目的

教育福祉学専攻は、学校や地域社会の複雑化・複合化した諸問題について、生涯学習・社会教育、社会福祉学、 心理学についての高度な専門知識や技術を修得し、人間関係を調整し,社会資源を有効に使い、 問題解決を創造的に行うことができる高度専門的職業能力を備えた人材の養成を目指す。

各種紹介
カリキュラム