臨床心理学専攻

 

臨床心理学専攻について

東京家政大学大学院臨床心理学専攻は 公認心理師臨床心理士 両方のカリキュラムに対応しています。

専攻主任あいさつ

臨床心理学も、クライエント個人を取り出して援助・対応するだけでなく、個人をとりまく環境や人々との 関係にも目を向ける必要性がでてきました。それに伴い、他職種と連携を図るとともに協働して対応する場面が、 これからいよいよ多くなることが予想されます。ついては、チームワークをとりながら動ける力や、 学際的な領域に関する基本的な知識を学び、関心をもつ柔軟性や好奇心が求められます。

また、必要とされる状況で自らの意見や情報を発信する積極性が重要です。本学で学修される学生諸兄姉には、 学会発表を積極的に勧めており、経済的な点を含めて必要な環境を整備しています。

臨床心理学専攻主任 福井 至

臨床心理学専攻の目的

臨床心理学専攻は、複雑化した社会における人間関係の諸問題に対応する総合的な力を育成し、 臨床心理士・公認心理師としての高度な専門知識や技術を持ち、医療・教育・産業・司法等の社会のあらゆる領域で 柔軟に対応し、適切な援助,介入及び研究のできる人材の養成を目的とする。

各種紹介
カリキュラム