児童学児童教育学専攻

 

児童学児童教育学専攻について

専攻主任あいさつ

児童学児童教育学専攻では、これまでも保育や児童教育の実践の現場で活躍されてきた方が多く学ばれています。 現在、保育や児童教育の分野においては、質の高い実践知を研究としてまとめ、共有し、吟味することと同時に、 継承することの重要性が指摘されています。また、本学の児童学児童教育学専攻(前児童学専攻)の修了生の多くは、 養成校で後輩の指導に当たり活躍をされていらっしゃいます。

本専攻では大学での学びをさらに深めたい方、また、ご自身の実践を振り返り研究としてまとめられたい意欲を 持っている方を歓迎いたします。本大学院の特徴である「教員チームによる指導」を生かして、研究をサポート していきたいと思っております。また、本専攻で学ばれた方が、保育学、児童学、児童教育学の分野で、 理論的かつ実践的に、未来ある子どもたちのために貢献することを期待しております。

児童学児童教育学専攻主任代行 花輪 充

児童学児童教育学専攻の目的

児童学児童教育学専攻は、子どもの豊かな人格を育て、身体的、精神的かつ社会的に健全に育成するための学究を行い、 高度な研究教育に携わることのできる人材および児童学・児童教育学における実践的課題を探究・研究し解決できる 高度な専門知識と方法論を修得した人材の養成を目的とする。

各種紹介
カリキュラム