心理カウンセリング学科

 

学科の概要

心の健康を支援する公認心理師や、
心のケアを強みとする養護教諭を目指せます。

POINT 1

実践力のある心理職の養成

本学の大学院(臨床心理士第1種指定校、公認心理師対応カリキュラム)で学ぶことで、6年一貫教育となり、臨床心理学の知識、心理療法のスキルを基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。臨床心理士(受験資格)に加え、国家資格の公認心理師(受験資格)を目指すことができます。


POINT 2

カウンセリングのできる養護教諭を養成

子どもたちの心と体のケア・サポートを強みとする養護教諭を養成するため、心理カウンセリング学科には養護教諭1種免許を取得できるカリキュラムがあります。3、4年次には、学校現場や病院などで、養護教諭としての実習を行います。


POINT 3

社会で求められるジェネリック・スキルを育成

心理学実験基礎(1年次)、グループアプローチ実習Ⅰ・Ⅱ(1年次)、ゼミナールⅠ・Ⅱ(3・4年次)など、少人数で行われる充実した実習・演習科目を通して、さまざまな仕事で生かせるコミュニケーション能力・データ処理スキルを育成します。

教育方針・受入方針