心理カウンセリング学科

 

心理カウンセリング学科

教育課程編成の全体方針

本学科のディプロマポリシーを実現するために、専門教育科目として以下の内容の講義・演習・実習科目を設けています。

  • 広く人の心や行動を理解することを目指した心理学に関する科目
  • 高い対人コミュニケーション力の修得を目指したカウンセリングに関する科目
  • 目的に応じたデータの収集・分析を行う力を身につけるための科目
  • 実践力のある公認心理師を目指すための科目
  • 養護教諭として学校現場で活躍することを目指すための科目

上記の科目を各学年に段階的に配置し、4 年間にわたり効果的に学修できるようなカリキュラムによって編成されています。また、体験を通した学修を重視し、 1 年次から 4 年次まで数多くの実技・実習科目を設けています。

教育内容

「資格関係科目」

  • 養護教諭一種免許状、公認心理師(国家資格受験要件を得るために大学で必要とされる科目群)、認定心理士(申請資格)、図書館司書の免許・資格を取得するのに必要不可欠な科目によって編成されています。特に、公認心理師や養護教諭として現場で活躍することを目指した実践的なスキルを養うために、免許・資格取得に必要な科目に加えて、より高度な講義科目や学内外での実技・実習科目を設けています。

「専門教育科目」

  • 心理学、カウンセリング、養護の専門的な知識・スキルを系統的に修得できるよう、 1年次から 4 年次にわたり順次性を考慮した効果的な講義及び演習 ・実習 科目によって編成されています。
  • 自己・他者理解を促し、多様な意見を尊重しながら協同する力を養うために、カウンセリング及び対人コミュニケーションに関する実践的な演習・実習科目を設けています。特に、 1 年次の「グループアプローチ実習 I 」、 2 年次の「カウンセリング実習」を必修科目とし、初年次からの効果的な学修を目指します。
  • 多様な資料を批判的に検討する力、自ら計画を立ててデータを収集・分析する力を養うために、心理学の実験・研究・統計法に関する講義及び演習・ 実習科目を設けています。 1 年次の「心理学統計法」「心理学研究法基礎」「心理学実験基礎」、 3 年次の「ゼミナール I 」、 4 年次の「ゼミナール II 」を必修科目とし、 4 年間にわたる効果的な学修を目指します。
  • 修得した知識と現場の実際を関連づけた実習科目を設け、 より深い学修を目指します。2 年次の「フィールド実習」、 3 年次の「心理実習」「看護臨床実習」、 4 年次の「臨床心理学実習」「教育実習(養護) II 」といった主体的・能動的な学修を促進し、学外での実習科目を設けて社会人としての幅広い視野や主体性を身につけます。
  • 4 年 間の効果的な学修を促すために、 1 年次に初年次教育科目を設けています。また、卒業後の進路選択を含め、一人ひとりの学生が自分らしいキャリアプランを考えるための科目を設けています。

教育方法

大学に準拠する。

評価

大学に準拠する。