論文題目一覧

 

論文題目一覧(修了生分)

造形学専攻(修士課程)人間生活学総合研究科
(被服造形学専攻(修士課程)家政学研究科)(24年度改組)

※教員の紹介はこちら

年度 論文題目 指導教員
令和
写真における色彩表現の研究制作 兼古 昭彦
緑茶由来セルロースナノファイバーによる布・不織布の機能化 濱田 仁美
映像表現を用いた空間演出の研究 兼古 昭彦
釉調合と焼成温度の研究とテーブルウェアへの応用 高田 三平
内面的感情の表現研究 兼古 昭彦
幼児教育における造形表現の専門家の役割と検討 手嶋 尚人
森田 浩章
30 絵画表現による制作研究 兼古 昭彦
29 版表現を中心とした造形表現による制作研究 兼古 昭彦
子育て支援センターにおける環境と遊具のあり方についての研究
ケーススタディ 東京家政大学ヒューマンライフ支援センター「森のサロン」をモデルとして
手嶋 尚人
絵画表現における素材と技法の研究制作 山藤 仁
寺田 和幸
絵画表現における、モチーフと構成の制作研究 ―身近なモチーフとの対話― 山藤 仁
寺田 和幸
視覚障害者のためのガイドヘルパーの着装具デザインに関する一考察 石田 恭嗣
28 TEMPO酸化処理による天然繊維材料の改質に関する研究 小林 泰子
濱田 仁美
オリジナルなイメージによる総合的な造形表現の制作研究 手嶋 尚人
中村 精二
雑誌『Punch,or The London Charivari』の服飾史に関する統計的な分析 松木 孝幸
平面表現における、支持体と素材の研究 寺田 和幸
中学生の衣生活の自立を促す題材開発 能澤 慧子
髙水 伸子
27 平面表現の展開と可能性 寺田 和幸
ミクストメディアを用いた平面作品の展開と表現効果の研究 寺田 和幸
26 ネオ・ジャポニスムを通してみる現代ジャパン・ファッションの評価に関する研究 能澤 慧子
環境に配慮した柿渋染色布に関する研究 小林 泰子
絣技法を用いた織物作品の展開と表現方法の研究 兼古 昭彦
荒川 朋子
自然が内包する造形要素を用いた版表現の考察 兼古 昭彦
25 平面表現制作 寺田 和幸
立体造形物に映像表現を用いた空間構成 兼古 昭彦
荒川 朋子
映像表現を用いた抽象概念の可視化 兼古 昭彦
化学的処理が綿布の保温性に及ぼす影響 飯塚 堯介
ルネ・ラリックのジュエリーの表現 -エナメル技法「プリカジュール」を通して- 能澤 慧子
押元 信幸
24 エロフ夫人の日誌から見るマリー・アントワネットの時代の服飾 能澤 慧子
幼児の着衣行動の発達からみた快適衣服設計 岡田 宣子
イギリスの文芸作品に見るお針子像 -ヴィクトリア朝前半を中心に- 能澤 慧子
23 少女雑誌に見る「少女らしい」装いの意味 -1900年代初頭から1940年頃までの『少女の友』を中心に- 能澤 慧子
綿・ポリエステル混紡布の二成分の分離 飯塚 堯介
21 ケイト・グリーナウェイの描いた子供服とその現実の子供服への反響 能澤 慧子
19 19世紀イギリスにおける女性ファッションの変革 -健康芸術ドレス連盟(1890-1894)の試み― 能澤 慧子
近世絵画に描かれた小袖の衿についての一考察 -レプリカ製作を通して- 能澤 慧子