学長メッセージ

 

東京家政大学大学院の特徴と優れた人材育成

本学大学院は、学部からの進学者に加えて現場で活躍している多くの社会人に門戸を開いています。若者の人間力が問われている今、社会人は既に人間力を発揮しその世界で活躍・貢献している人材です。学力そのものは、古くなって劣っているかのようでも、ストレートマスターとは異なる資質により入学して来る院生に対しては、同じ尺度で判断せず大局的見地に立って多様な人材育成を目指しております。本学大学院の理想として掲げた青木誠四郎の言葉「学は、実際家と研究者の協同作業でなければならない。現場は日々に忙しく、研究の暇なく、研究者は、徒に机上の理論に遊ぶことがあってはならない。」の実現に向かって努力と工夫を重ねております。大学院は、共に学び、共に探求するところです。志ある方を歓迎します。

学長 山本 和人