Hulipについて

ヒューマンライフ支援センター

 

Hulipについて



ごあいさつ



ヒューマンライフ支援センター【通称Hulip(ヒューリップ)】は、2002(平成14)年板橋キャンパスに誕生しました。

人間の生活が豊かで楽しいことにあふれるようになっていくためには、どうしたらいいのでしょうか。人は、今日、たくさんの問題をかかえながらも、皆で集まって、楽しさを追求しています。想像してみて下さい。色も、においも、ここちよい、そして身体にもよいパスタとメニューの開発。0~3才児の親子が本当に心豊かで創造的な活動が生まれる場(環境)の開発。文字でうまった文章をデザインの力で美しく楽しく読める方法の開発。そのほか、たくさんのことに取り組んでいます。

東京家政大学は、大学院、家政学部、人文学部、健康科学部(狭山)、子ども学部(狭山)、短期大学部、があり、人間が生活するに必要なほぼすべての基本的な課題に対して、研究を行い、教育活動を続けてきました。 この知的な資源を生かし、広く社会に貢献するための場として、ヒューリップは現在、六つの部門が活発に事業を展開しています。研究者、学生、教職員(スタッフ)が共に、力を合わせて、からだにやさしく、おいしい「食」のことや、楽しい子育てのこと、「心」のこと、美しいデザインのことなど、人間が豊かにくらせる「生活」の創造をめざし、笑顔をもって活動しています。

ぜひ、ヒューリップに顔を出してみて下さい。

ヒューマンライフ支援センター所長
森田 浩章


運営委員

所長

森田 浩章  Hiroaki Morita  / 家政学部 児童学科 准教授


コーディネーター

石田 恭嗣  Kiyotsugu Ishida  / 家政学部 服飾美術学科 教授
大西 淳之  Junji Onishi  / 家政学部 栄養学科 教授
土屋 京子  Kyoko Tsuchiya  / 短期大学部 栄養科 教授
手嶋 尚人  Naoto Tejima  / 家政学部 造形表現学科 教授
三神 彩子  Ayako Mikami  / 講師
宮本 真帆  Maho Miyamoto  / 家政学部 造形表現学科 准教授


専門員

内野 美恵  Mie Uchino  / ヒューマンライフ支援センター 准教授