看護学科

 

資格・就職

資格を活かした働き方

憧れの仕事、興味のある仕事のことをよく知り、近い将来、自分が働く姿を具体的にイメージしましょう。

看護師

最も身近なスタッフとして、患者を心身ともに支えます

1年次2月に初めて行う病院(病棟)での実習は、<看護師と一緒に行動するというシャドーイング>で行います。実習というと不安が大きくなります。それまでには、学内で“看護とは何か”、“患者様や家族とのコミュニケーションの取り方”、“基本的な看護技術”などの学習をします。実習オリエンテーションとして、実習の目的・方法、心構えや実習病院の概要の説明等を受けてから実習に出ます。実習病院には看護の基礎を担当する教員の他、看護学科の教員が実習病棟に同行して指導をします。また、病棟には学生の指導を担当する看護者がいます。準備をして実習に臨めば、必要以上に不安になることはありません。学内の学びをより深めていくのが、実習です。


保健師

健診や健康相談をおこない、予防の立場から人々の健康を守ります

病気予防の立場から、人々の健康管理にたずさわる仕事です。自治体の保健課や保健所、訪問看護ステーションや民間企業の厚生施設などが活躍の場で、それぞれ仕事内容が異なります。自治体の保健課や保健所などに勤務する場合は、看護師と保健師の資格だけでなく、公務員試験に合格することも必要です。


助産師

命の誕生をサポートする喜びと感動に満ちた仕事です

助産師は、分娩時の介助や、妊産婦への指導、新生児・乳児ケアなどをおこないます。早産や逆子などリスクの高い分娩は医師が対応しますが、正常な分娩は助産師の判断に基づいた助産行為が認められています。命の誕生をサポートする喜びと感動に満ちた仕事です。看護師と助産師の資格が必要です。

資格取得方法

卒業することで、全員が看護師国家試験受験資格を取得可能。

看護学科では卒業要件である126単位を修得すると、看護師国家試験受験資格を取得することができます。加えて希望者は選択のうえ、所定の単位を修得すると、保健師国家試験受験資格または助産師国家試験受験資格の取得が可能です。