園の概要

 

園の概要

教育目標

みどりケ丘幼稚園の保育とは・・・

愛情  友だちや生き物を思いやり、命を大切にするやさしい心を育みます。
勤勉  大切なことに真剣に向かい、力いっぱい取り組むたくましい心を育みます。
聡明  ものごとを広い心でとらえ、深く考える習慣を育みます。

沿革

昭和24年 「渡辺裁縫学校」から新制大学として「東京家政大学」発足。
昭和28年6月10日 「附属みどりケ丘幼稚園」開設。
初年度は、年長組6名、年少組(現年中組)24名の園児からはじまる。
初代園長:山下俊郎氏(本学教授)
初代主事:川崎千束氏
(日本のフレーベルと称された倉橋惣三氏に師事)

保育の実際については、川崎千束氏が初代主事に就任し、
「幼児一人一人を大切に考え、その幼児の内に持っている能力と
性格の芽生えを引き出し、豊かに育つことを願い、これらを
成し遂げるために よい環境を用意し よい働きかけをするのが
正しい保育のあり方」

という理念に基づいて保育を始めました。
平成11年1月 新園舎設立。
平成31年2月 増設園舎設立。
平成31年 創立66年。 現園長:本村 真弓

園児数(定員)

3歳児 4歳児 5歳児 合計
1号認定児 32名 40名 40名 112名
2号認定児 8名 10名 10名 28名
合計 40名 50名 50名 140名

保育時間

1号認定 午前9時より午後2時 (保育終了後の預かり保育「もも」があります。)
※年齢・季節により変更する場合があります。

2号認定 午前7時30分~午後6時30分まで(就業時間を配慮した保育時間、11時間まで)