卒業時・後アンケート

 

東京家政大学は、2021年に創立140周年を迎えるのに向けて、様々な教育改革を推し進めています。

卒業を目前に控えた学生を対象とした卒業時アンケート、卒業後数年を経た卒業生を対象とした卒業後アンケートを行い、そこで集められたみなさんの声を、本学の教育改善や学修支援の充実化を図るために活用して参ります

卒業時アンケート

卒業を目前に控えた卒業生を対象に、在学中における自己の成長実感や大学への満足度を測定するために、実施しています。
  • 2019年度卒業生(2020年3月卒業)は、卒業式予定日の時期(3/10~23)にオンラインで実施しました。


調査対象:2019年度 東京家政大学・短期大学部卒業生(大学院を除く)1,760名
回答数:780名(有効回答率44.3%)

アンケート項目
調査結果(2019(令和元)年度卒業生・2020年3月実施)
調査結果(2018(平成30)年度卒業生・2019年3月実施)
調査結果(2017(平成29)年度卒業生・2018年3月実施)

卒業後アンケート

卒業から1年半を経た卒業生を対象に、卒業後のキャリアアップを支援するとともに学生時代に身に着けておきたかった力を把握し、本学の教育改善に活用していくために実施しています。
調査結果(2017(平成29)年度卒業生・2019年12月頃実施)
調査結果(2016(平成28)年度卒業生・2018年12月頃実施)
調査結果(2015(平成27)年度卒業生・2017年12月頃実施)
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。