常設展

 

常設展

本学園の歴史に関する展示や、収蔵品を中心としたテーマ展示を行っています。

開館カレンダー

常設展 ①

学園の歴史と創設者

本学の基礎を築いた校祖 渡邉辰五郎と大学開学当初の学長 青木誠四郎の業績、また二人が掲げた建学の精神 「自主自律」、生活信条 「愛情・勤勉・聡明」 を併せてご紹介します。

重要有形民俗文化財
渡辺学園裁縫雛形(さいほうひながた)コレクション

当館では、現在約4500点の裁縫雛形を所蔵しており、うち2290点が教科書や製作用具61点とともに、平成12年12月27日に国の重要有形民俗文化財に指定されました。

裁縫雛形は、明治から昭和にかけて、本学の教育課程の中で製作された衣服や生活用品等のミニチュアです。校祖 渡邉辰五郎が考案した裁縫教授法のひとつで、布地と時間が節約できる画期的な方法として好評を得ました。

当館で所蔵する裁縫雛形の大半は、卒業生やそのご家族の方からの寄贈品です。現在も毎年のようにご寄贈いただき、コレクションは質・量ともにますますの充実を見せています。本学の歴史だけでなく、近代の女子教育や服飾文化を知る資料としても、他に類をみないコレクションとして注目されます。

このコーナーでは、和装、洋装、有職類、生活用品の裁縫雛形を約80点展示しています。

渡辺学園の歩み

本学「学校法人渡辺学園」は、明治14年、渡邉辰五郎が本郷区湯島の地に開設した私塾「和洋裁縫伝習所」としてはじまりました。
このコーナーでは、学園設立時から現在に至るまで、伝統ある本学の歩みの一部をご紹介します。

常設展 ② コレクション展示

半年ごとにテーマを決めて当館のコレクションを紹介しています。

台湾先住民族の衣装

展示期間 :2019年 9月 2日(月) ~2020年 2月中旬(予定)

東京家政大学博物館の4大コレクションのうちのひとつ、「台湾先住民族の衣装」は、住田イサミ氏(当館元館長・本学元助教授)が30年近くにわたって収集した、台湾先住民族の衣装や織物を中心としたコレクションです。
現在でも台湾先住民族が住む土地の中には、文化や生活様式を保護する目的で立入りが制限されている地域もあり、調査の困難な場所が数多くあります。住田氏はこのような地域にも「入山許可」を取得して自ら調査に入り、先住民族の人々との交流の中から数多くの貴重な衣装や織物の数々を収集しました。それらは、一括して平成15年にご遺族より当館へ寄贈されました。
今回の展示では、従来から広く使われている9族の分類を採用し、そのうち5族の衣装などを紹介します。