看護学科 アドミッションポリシー

 

看護学科 アドミッションポリシー

・人材育成の目的
いのちの誕生から老いまで、あらゆる年代における人々の「その人らしく生活する」を支える健康保持・増進と生活の質を維持する看護の実践力を持つ看護職者を育てることが、本学科の目的です。そのために、次に示す学力の三要素を有している人を求めます。

  • 知識・技能
    • 看護に必要なコミュニケーション能力(読む・書く・聴く・話す)の基盤としての「国語」・「英語」、また生命現象を理解する基礎としての「生物」・「化学」に興味関心がある。
    • 積極的に学修を行っていて、国語・数学・英語・理科(生物・化学)の基礎的な学力を有している。
  • 思考力・判断力・表現力
    • 他者の話をしっかり聴き、理解し、判断できる。その上で自分の考えを表現することができる。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    • 看護に興味関心がある。問題意識を持ち、解決に向け主体的に取り組むことができる。
    • 多様な人とコミュニケーションをとり、協働することができる。
    • 健康的な生活習慣を心がけている。