保育科 アドミッションポリシー

 

保育科 アドミッションポリシー

保育科は、「子どもの保育について基礎から専門までを理論的に学ぶことにより、子どもの豊かな人格を形成できる学生を育てることを目的とする。実践的な技能と多様な保育技術を身につけ、幼稚園教諭や保育士などの保育者として、社会に貢献できる人材を育成する」ことを人材養成の目的及び教育研究上の目的としています。

この目的に基づき、次のような人を求めます。

  • 子どもが好きで、愛することができる人
  • これからの社会を担う子どもの発達に興味があり、それを促進する意欲がある人
  • 2年後は保育現場に立つという目的をもち、保育者養成教育を受ける意欲がある人