造形表現学科 アドミッションポリシー

 

造形表現学科 アドミッションポリシー

造形表現学科は、「社会環境の変化や家政学部の美術に相応しい教育内容に応えるため、デザイン、アート、映像、工芸、建築、インテリアを基礎から総合的に学ぶことにより、生活空間を美しく快適に創造し、たくましい心と感性を持つ人材を育成する」ことを人材養成及び教育研究上の目的としています。

この目的に基づき、次のような人を求めます。

  • 造形表現の分野に興味と関心がある人
  • 造形表現の各分野で学んだことを基礎に広く社会で活躍したい人
  • 根気強く、プロセスを大切にし、共同して作品の制作ができる人
  • 造形表現への好奇心が旺盛で、積極性と行動力がある人