森のサロンの紹介(活動内容)

 

森のサロンの紹介(活動内容)

ごあいさつ


ヒューマンライフ支援センター
副所長 森田 浩章
MORITA Hiroaki

2002年に誕生したヒューマンライフ支援センター(Human Life Plaza・略してHulip(ヒューリップ)内に森のサロン(0~3歳の子育てひろば)はあります。板橋区地域子育て支援拠点事業として、全国でもいちはやく学内に直接、親子が集い、共に子育てを楽しむ交流と学びの場がつくられました。

板橋区の支援を受け、森のサロンという名称になってから6年がたちました。大学の持っているすぐれた知見を活かすことができ、また各々の専門を学ぶ学生たちが直接に親子の遊ぶ姿を見つめることができる(ボランティア参加、授業の一環としての参加等)場としても、森のサロンは、きわめて有機的かつ、多様な可能性を秘めています。

これまでの成果は、『1・2・3・4・5周年 森のサロン これまでのこと、これからのこと、これからの展望。― 子育て支援拠点事業を越えて』(子どもにも楽しく見られる冊子)にまとめました。
これまでの森のサロンの活動をしっかり整理し、これからの森のサロンの可能性を見つめ豊かに展開させようと私たちスタッフは、子どもが安心し、楽しく遊べる場をより充実させ、父親、母親が子育ての本当の楽しさを実感できる子育てのひろばを創造していきます。

子どもの笑顔は、社会を何よりも明るくさせます。その笑顔の発信地となるように、私たちも笑顔で子どもたちをお迎えいたします。

活動内容

あそびのひろば

親子で自由に過ごせるひろばです。学生ボランティアが参加することもあります。学生が作った大型遊具、森のサロンオリジナルのキッチンやすべり台が人気です。赤ちゃんがゆっくり過ごせる畳のスペースもあります。

子育て応援講座

「健康」「食事」「絵本」「ふれあい遊び」「自然環境」「幼児造形」など、 子ども・子育てにかかわる講座を月に1 回程度開催しています。

ミニイベント

ひろばの中で学生やスタッフ、時にはお母さん、お父さんが行うお楽しみ会です。絵本の読み聞かせ、おやつ会、先輩お母さんのお話し会など、さまざまな内容のイベントを実施しています。

学生がつくるサロンプロジェクト

「造形による幼児教育」という視点から、学生の主体的な活動を支援するプロジェクトです。アーティストや幼児造形にかかわる専門家を講師に招き、実践・体験型の学びの場を目指しています。

相談

ひろばで遊びながら子育ての相談もできます。いつでも気軽にスタッフにお声かけください。水曜日の午後は専門のスタッフによる予約制の個別相談も行っています。

週末サロン

2、3 歳とその家族を対象に月に1 回行っています。 学内の自然とふれあいながら、大人も子どもも身体を使ってダイナミックに楽しめるアウトドアの遊びを提案しています。土曜日に開催しているため、平日お仕事をしているお父さんお母さんも参加していただけます。

Enjoy講座

特技や趣味を持つ森のサロン会員のお母さんが講師となって行う講座です。託児付きの講座も開催しています。

運営委員/スタッフ

所長 山本和人(東京家政大学 東京家政大学短期大学部 学長)
副所長 森田浩章(児童学科准教授)
参事 石田恭嗣(服飾美術学科教授)
参事 大西淳之(栄養学科教授)
参事 土屋京子(栄養学科教授)
参事 手嶋尚人(造形表現学科教授)
参事 宮本真帆(造形表現学科准教授)
専門員 内野美恵(准教授)
専門員 三神彩子(講師)
保育士・保育カウンセラー 清水幸(本学児童学科育児支援専攻卒業)
保育士 山田智美(本学現英語コミュニケーション学科卒業)
保育士 有馬智子(本学保育科卒業)
幼稚園教諭 峯田千弘(本学児童教育学科卒業)
臨床心理士 高橋志帆(本学心理教育学科/大学院文学研究科臨床心理学コース卒業)