スタートアップセミナー自主自律

 

一人ひとりが、人間力を、高めていく。

東京家政大学の建学の精神は「自主自律」

私立大学は、それぞれの建学の精神を有しています。東京家政大学の建学の精神は「自主自律」です。自主自律を貫くうえで大切な日々の生き方は、「愛情・勤勉・聡明」という生活信条として表現されています。学部・学科が違えば興味や志向性も異なり、将来の目標も多様でしょう。しかし、学部・学科の違いを超えて、同じ大学で学ぶ仲間たちとともに自主自律の礎を築いてもらいたい。そのような願いのもと、スタートアップセミナー自主自律は、東京家政大学の家政学部・人文学部に入学した1年生全員を対象として開講されます。

一人ひとりが自主自律の道を
歩み始める準備を

授業は、様々な学科の学生約5名でグループを作り、学生主体の協同学習で進みます(1クラスは8グループ約40名で構成されます)。最初の2回の授業では、みのりゆたかな協同学習を行うための秘訣を共有します(グループ活動に苦手意識がある人も安心して臨めます)。その後、東京家政大学の歴史から学び、さらに社会に向き合うプロジェクトに取り組みます。14回の授業を終えるころには、東京家政大学生どうしの絆が生まれ、一人ひとりが自主自律の道を歩み始める準備ができているはずです。

目標達成のために互いに
協同して学ぶ

異なる学科の学生5名程度でチームを作り、目標達成のために互いに協同して学ぶ科目です。学生一人ひとりが主体的に学ぶことを大切にします。上級生がスチューデント・アシスタントとして授業を補助することも、この科目の大事な特徴です。

※本科目は共通教育(板橋校舎)のコア科目として、家政学部・人文学部の1年生前期必修科目です。運営は、共通教育推進室の元に設置された自校教育科目部会(事務局:学修・教育開発センター(CRED))で行っています。

一人ひとりの、みのりを、
ゆたかにし、仲間との絆が生まれる。
自主自律の道へ。

学びの特徴

建学の精神「自主自律」の生き方、生活信条「愛情・勤勉・聡明」にもとづいた生活に踏み出し、東京家政大学での学びの礎を築きます。

東京家政大学の原点を知り、
現代女性に関わる社会問題について考える

家政学部、人文学部の新入生が半年間、ともに学ぶ必修科目で、共通教育科目のコア科目として開講されます。東京家政大学の原点とその歴史を確認するとともに、社会や女性に関する今日的課題を取り上げ、現代を生きる女性が直面する社会問題に協同して取り組みます。

学部・学科の枠を越えたつながりをつくる

1クラスの履修者数は約40名、学部・学科の枠を越えて、いろいろな学生でクラスは構成されます。半年間に学ぶこの授 業を機会に、他学部・他学科の学生との交流のなかから、学部・学科を越えたつながりが生まれます。

アクティブラーニングで大学で
学ぶ基礎力を築く

異なる学科の学生同士5名程度のグループでの『読むこと・書くこと・発言すること・傾聴すること・調べること』を重視する協同学習(アクティブラーニング)の授業です。東京家政大学で学ぶために必要な基礎を築きます。

上級生による学びのサポート

各クラスに1名以上のスチューデント・アシスタント(SA)が配置され、上級生が1年生の学び合いをサポートします。

スチューデント・アシスタント(SA)とは

授業の中で、上級生が下級生をサポートする制度です。
SAについて詳しくはこちら

受講生の声

スタートアップセミナー自主自律の講座を実際に受講し、感じたことや学んだことなどの声をご紹介します。

人文学部 教育福祉学科
S.M.さん

価値観の
異なる人と共に学ぶ

関わる機会の少ない先輩と交流できる

私がスタートアップセミナー自主自律を通して感じたことは、価値観の異なる人と共に学ぶことの魅力です。普段の授業では同じ学科同士で学ぶことが多いですが、この授業で活動するグループは多様な学科の学生から構成されており、個性豊かなメンバーが集まります。そのため、良くも悪くも個々の考え方や取組み方が活動の中で表れてきます。話し合いが進まないこともよくありました。しかし、回を重ねるごとにグループの中での自分の役割が見えてきて、自分が出来ることを少しずつ考えられるようになりました。大変なこともありましたが、無事に発表を終えたときには大きな達成感を感じました。また、同じクラスの人だけでなく、担当のSAさんとも授業外でお話や相談をさせて頂き、普段は関わる機会の少ない先輩と交流できるのもこの授業の良い所だと思います。

今後の大学生活や将来の糧になるもの

スタートアップセミナー自主自律をきっかけに他学科の人と繋がりを持つことができ、色々な考え方や価値観に触れ、刺激を貰えました。授業で得たものは、今後の大学生活や将来の糧になるものだと感じています。

家政学部 栄養学科
管理栄養士専攻
O.H.さん

授業は非常に
刺激的

正解がない答えを導き出すこと

スタートアップセミナー自主自律での授業は非常に刺激的なものでした。自分自身について考えたり、東京家政大学という学校について知ったり、女性の未来について学びを深めたりすることを一つの授業として取り組むのです。正解がない答えを導き出すことは難しくも感じましたが、皆と協力しながら話し合いをしていくこと、考えを共有していくことは非常に楽しかったです。大学生活が始まったばかりで不安だらけの私には先輩がサポートしてくださり、他学部他学科の友人ができました。この授業で出会った友人は授業がない今でも仲良くしています。

学生である今の自分には何が必要なのかを考える

東京家政大学について勉強することで、学校がとても好きになりました。自分自身が通う学校に愛着を、誇りをもてるようになりました。女性の未来について考えることで今の日本の現状に気づいて、学生である今の自分には何が必要なのか考えることができました。どれも大切なことですがこの授業がなければ学習することができなかったものです。これからの学生生活も、社会にでてからもこの授業で学習したことがきっと役立つと思っています。

担当教員の声

スタートアップセミナー自主自律は人文学部・家政学部の専任教員の中から毎年担当教員を決めています。
様々な学科の教員がクラスを持つことも魅力の一つです。

家政学部 栄養学科
担当教員 小西康子

能動的な学びで
成長を

協力して作り上げる達成感や喜び

本科目では毎年、授業アンケートや担当教員・SAの声などから授業計画の見直しがされています。今年度は、学生から長すぎるとの意見があった前半の歴史パートを半減し、後半の現代パートへスムーズに移行できるように手直しされました。現代パートでは、大枠テーマ「女性の社会進出を阻むもの」に対してグループごとにテーマを決め、資料を調べ、ディスカッションしながら自分たちの意見と主張をまとめ、最後にパワーポイントで発表しました。担当クラスでは、ジェンダーギャップの歴史的背景を説明し、アンコンシャス・バイアスの問題点を挙げ、パタニティハラスメントに切り込み、すべての差別に憤り、女性管理職の現状を外国と比較し、幼稚園の義務教育化を提言し、女性政治家を増やそう、選挙に行こうなど、発表内容は多岐にわたっていました。いずれも、話の展開と論理性が分かりやすく、スライドや話し方が良かったこともあって、グループの意見や主張が伝わるすばらしい発表でした。本科目での能動的な学びは、自分自身の考え方や行動に影響を与え、成長を促します。協力して作り上げる達成感や喜びとともに友人も得られる楽しい授業ではないでしょうか。

家政学部 児童学科
担当教員 鵜殿 篤

本来持っていた力を
自発的に発揮

「共感」のプロセスが極めて大切な役割を果たしていることを実感

スタートアップセミナー自主自律(以下SSと省略)を担当して、授業の本質に関する様々な気づきを得ました。具体的には、学生との「共感」のプロセスが極めて大切な役割を果たしていることを実感しました。SSに臨む際、授業の目標に到達するためには思い切ったチャレンジをする必要があると感じ、「方法」として意識的に前面に打ち出したのが「共感」です。そして実際にSSを進めるうちに分かってきたのは、単にミッションを達成するための「方法」として取り入れたつもりだった「共感」のプロセスが、実はそれ自体が教育的に極めて重要だということでした。教員が学生一人一人の意見を真剣に受け止めて、丁寧に応答して、励まし続けるうちに、学生たちは本来持っていた力を自発的に発揮しはじめます。一年生の最初にSSの経験をすることで、自分が持っている力と可能性と目標を再確認し、4年間の学びを自主的に進める大きな弾みになったのではないかと思います。学生の成長を目の当たりにし、教員にとっても貴重な経験になりました。