リハビリテーション学科 アドミッションポリシー

 

リハビリテーション学科 アドミッションポリシー

リハビリテーション学科は、新生児期から高齢者まで、あらゆる年代の人たちがその住み慣れた地域で、安全に、安心して、その人らしい生活ができるように支援できる人材を育成することが目的である。そのために、国語、英語、理科、数学の基礎知識を備えた次のような人を受け入れる方針である。

この目的に基づき、次のような人を求めます。

  • 医療・福祉に興味・関心がある人
  • 人との関わりが好きな人
  • 相手の立場になって、物事を考え、行動がとれる人
  • 人に関わる現象を科学的に証明したい人