栄養学科 アドミッションポリシー

 

栄養学科 アドミッションポリシー

・人材養成の目的
栄養学科は生活者及び科学的な視点から、「食と健康」に関する多様な課題を理解・追及でき、実践的な分析と解明ができる人材を育成します。食品、調理、栄養、社会医学、臨床栄養学の分野で知識、技術を教育し、研究を指導し、これをふまえて医療・福祉、産業、行政、教育の領域における専門的な知識と実践的な技術に優れた専門家として社会に貢献できる人材を養成することが本学科の目的です。

  • 知識・技能

    【栄養学専攻】

      • 栄養士免許・教員免許の他、各種資格取得に向けて学ぶために、特に生物・化学について十分な基礎知識を有している。
      • 文章を読み解く力と自らの言葉で他者にわかりやすく簡潔に説明できる文章力を有している。
      • 家庭、地域及び食産業界において役立てられるよう、日々の食事作りに積極的に取り組み、その基礎的な調理技術を有している。

    【管理栄養士専攻】

      • 健康の保持増進、公衆衛生や医療に関して学ぶために、特に生物・化学について十分な基礎知識を有している。
      • 文章を読み解く力と自らの言葉で他者にわかりやすく簡潔に説明できる文章力を有している。
      • 管理栄養士としての技能として求められる、数値やデータを整理するための情報処理の基礎的知識及び技術を有している。
  • 思考力・判断力・表現力
    • 「食と健康」に対して積極的に関心を持てる。
    • 「食と健康」に関する様々な課題を見つけられる。
    • 自分の考えを表現するために、様々な工夫ができる。
  • 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    • 「食」と人の健康、病気及び生命との関わりについて、自らの意見を述べることができる。
    • 栄養士、管理栄養士、中学校・高等学校教諭・栄養教諭として社会に貢献するために、主体的に関連分野の知識・技術の習得に努めることができる。
    • 様々な問題に対し多面的に解決方法を考え、人の様々な考え方や知識・技能を取り入れようと努めることができる。