環境教育学科 アドミッションポリシー

 

環境教育学科 アドミッションポリシー

環境教育学科は、「生活環境から地域環境や地球環境まで広範な諸問題に関する情報技術や環境技術を基礎とする解決法を学び、環境を意識できる人材を育成する。環境管理技術者、情報技術者、情報技術を駆使する事務職者、教員として社会に貢献できる実力があり、さらに環境を配慮できる人材を育成する」ことを人材養成及び教育研究上の目的としています。

この目的に基づき、次のような人を求めます。

  • 環境に関する諸問題に関心を持ち、身につけた知識、技術を社会で役立てたい人
  • 高度な情報技術を身につけ広く社会で役立てたい人
  • 地球の生態系、生物の増減について関心を持ち、生物保護に意識の高い人
  • 環境の分野で活躍するという目的意識を持っている人