教職センターの概要

 

教職センターの概要

東京家政大学・教職課程のディプロマポリシー

東京家政大学と教師教育

 校祖渡邉辰五郎は、女性が経済的に自立することに加え、自らの意志と判断でよりよい社会の形成に貢献できることを目指す「自主自律」を建学の精神として本学の礎となる和洋裁縫伝習所を設立しました。そして、第二次大戦後、東京家政大学の設立に尽力した初期の学長である青木誠四郎は、これからの社会において自主的・自律的に生活していくためには、「愛情・勤勉・聡明」をもたなければならないと生活信条を掲げ、その著『若い女性(ひと)』のなかで「愛情・勤勉・聡明」について次のように述べています。

  • 「愛情」とは「他人の立場に立ってその人の幸福のためにどうなければならないかを考え、それを包んで他に対すること」である。
  • 「勤勉」とは「他のために自分のために働くこと」である。
  • 「聡明」とは「よく考えられた生活」を創り、営むことである。

 こうした歴史を踏まえ、本学では、「自主自律」の生き方ができることを教育目的とし、この教育目的の実現を目指し「愛情・勤勉・聡明」にもとづいた生活を創り、営むことができることを教育目標と定めています。
 そして、1892(明治25)年の「東京裁縫女学校」の設立を嚆矢として、1906(明治39)年の「師範科」の設置、1922(大正11)年の「東京女子専門学校」の設立と続くことからわかるように、「自主自律」を支えるために、家事裁縫ができるだけではなく、家事裁縫を教えることができる女性を創学当初から育ててきました。これらで学んだ卒業生が国内外で教育に従事し、その専門性を遺憾なく発揮したことから、本学は「裁縫の渡邉か、渡邉の裁縫か」と呼ばれるほどに教師教育について高い社会的評価と信頼を得てきました。さらに、1944(昭和19)年には、家事裁縫の内容をより専門性を高めるかたちで「保健科」、「被服科」、「育児科」を設置し、第二次大戦後の本学の教師教育の素地を形づくってきました。
 東京家政大学設置以来、時代に応じた本学の発展とともに、「家庭科」を起点として、「理科」、「美術科」、「英語科」、「社会科・公民科」の中学校・高等学校の各教科教諭、また、戦前の「育児科」の伝統を引き継いだ「幼稚園教諭」、「小学校教諭」、さらに、「保健科」の理念を引き継ぎつつも現代的な課題に即した「栄養教諭」、「養護教諭」、「特別支援学校教諭」と、教師教育の範囲と内容を広げ、専門性の高い数多くの教師を本学から輩出し、「裁縫の渡邉」から「教師教育の家政」へとその社会的評価と信頼はさらに大きく広がり、現在に至っています。


教師教育の目標

 本学の教師教育においては、「自主自律」の生き方ができることを目指して「愛情・勤勉・聡明」にもとづいた生活を創り、営むことができるという本学の教育目標を基礎的な要件として、さらに子どもに対する深い愛情、教育に対する限りない情熱とともに、豊かな感性、高い見識および卓越した指導力・実践力を有する教師を養成することを目指します。


本学が求める教師像

  • 子どもに対する深い愛情と教育に対する限りない情熱をもつ教師(愛情)
  • 豊かな感性と高い見識を有する教師(勤勉)
  • 卓越した指導力・実践力を有する教師(聡明)

東京家政大学・教職課程のカリキュラムポリシー

教育課程編成の全体方針

 子どもに対する深い愛情、教育に対する限りない情熱とともに、豊かな感性、高い見識および卓越した指導力・実践力を有する教師を養成することを目指して、そうした教師に必要となる資質能力を育成するために、各学科の「専門教育科目」と連関させつつ「教職課程科目」を設置し、4年間にわたる学修全体に効果的に寄与する教育課程を編成しています。以下、教育内容、教育方法、教育評価について教育課程編成の方針を示します。


教育内容

 1年次から4年次まで(短期大学部では1年次から2年次まで)、教師という仕事についての基礎的・概説的な理解のうえに(例:「教職基礎論」、「保育者論」、等)、現代的な課題を含んだ教育全般にわたる知識・技能を獲得し(例:「教育原論」、「教育制度論」、「特別支援教育概論」、「道徳教育の理論と方法」、等)、そうした獲得した知識・技能を実践においてさらに向上させ(例:「教科教育法」、「保育内容の指導法」、等)、最終的には自らの力で課題を見出し改善していくことができるような力が身に付くように(例:「教育実習」、「教職実践演習」、等)、各学科の「専門教育科目」の系統性とも連関させながら、教育職員免許法及び同法施行規則によって求められる科目を中心に基礎的・概説的な科目から各論的・応用的・実践的な科目へと進むことができるよう系統的・体系的・段階的に配置し、本学が求める教師に必要となる資質能力を育成することができる教育課程を編成しています。


教育方法

 本学の特徴である少人数での授業をできるかぎり設定し、実技や実践活動を重視した授業を行います。また、学校教育の現状に関わる科目(例:「教職基礎論」、「保育者論」、「生徒指導論」、等)を中心に、指導力・実践力をより高めることができるように具体的な事例を多く取り入れた演習を実施します。さらに、すべての科目において学生が主体的・能動的・協同的に学修に取り組むことができるように、学生同士が協力して課題に向き合う機会を効果的に取り入れます。なお、教師に求められる資質能力の一つとしてICTを適切に用いることができることが求められていることから、ICTを積極的に活用した授業を行います。
 さらに、履修カルテ(教職eポートフォリオ、等)を用いて学生自身が行った毎年度の学修目標の設定と自己評価に対して教員がコメント、個別面談などを通じて、4年間を見通した教職課程の履修が適切に行われるように支援します。


教育評価

 免許種ごとの課程の所定の単位を修得したことをもって本学の教師教育の目標を達成したと判断します。各科目の単位の認定に当たっては大学の評価基準に準じます。なお、その際に、4年次後期に設置した「教職実践演習」において、履修カルテを通じてそれまでの学修を振り返るとともに、本学が求める教師像を充足できるように確認と補充を行い、教師としての資質能力が身に付いているかを評価します。


教員養成の質向上のための取り組み

 本学の教員養成の理念を具体的に生かしてゆくためには、学生ひとりひとりの深い自覚が必要である。また、深い自覚を持つ学生が、より高いスキルを持ち、それが生かされるために、本学の教職課程では特色ある教職課程科目の運営と、少人数のよりきめ細やかな指導の行き届く授業クラスの設定を中心に実施している。とりわけ実技と実践性の高い教科の免許状が多い本学にあっては、少人数授業での実技・実践活動は重視している。
 例えば、教科教育法においては少人数のクラスでの模擬授業を特に重視しており、担当教員も意識的に教育実践・実務経験の深い教員をあてることにしている。これは教職に関する科目にあっても同様に、教職基礎論、道徳教育の理論と方法、特別活動の指導法、生徒指導論、スクールカウンセリング論等の学校教育の現状に深く関わる科目では、より具体的な問題意識をもたせながら、今日的テーマ、今日の学校教育についてのアプローチをより具体的かつ鮮明に理解できるように指導している。
 また教職実践演習では少人数教育を徹底し、科目の趣旨である学生が身につけた資質能力が教員として必要な資質能力に有機的に統合され形成されたかの最終確認ができるよう運営をして成果を上げている。
 さらに教職をめざす学生が現在の学校教育の緊要なテーマを理解し、課題解決に取り組む姿勢を育成するには教育委員会との密なる連繋が重要である。そのため、学校ボランティアの募集、地域連携事業への参画、共同研究などに取り組んでいる。これらの実践的経験をふまえて、定期的な教育委員会との意見交換の会議、免許更新講習での講師派遣を含めた連繋、オープンカレッジ等学外講座での連繋を実施している。これが教職課程を履修する学生の理解を幅広くかつ深いものにさせ、実践力も高まっていくものと理解している。