児童教育学科

 

学科の概要

カリキュラムの特徴

1. これからの時代に求められる「現場対応力」を養成

学級経営、いじめ、不登校、特別支援教育の領域を体系的に学びます。
発達心理学や道徳教育法など、子ども理解のための学びも充実させ、これからの時代に求められる現場対応力を養います。

2. バランスのよい科目履修構成

理論、実践、実習を通して学ぶ科目をバランスよく配置。 4年間で全教科の指導を行える小学校教員を養成します。
英語や道徳の指導力もしっかりと身につけていきます。

3. 実践力養成のための科目を設置

授業実践演習、各教科の指導法、教育実習などの実践的な科目を数多く設置。
子どもたちの豊かな学力を養うことのできる力を育成し、自信をもって教壇に立てるように指導をしていきます。

4. 教員採用試験対策も充実

教員採用試験合格のために役立つ授業も多くカリキュラムに組むなど、密な指導体制を整えています。
授業以外にも、対策講座や面接練習、集中講座を実施するなど、万全のバックアップ体制でサポートします。

5. 多様な免許・資格の取得が選択できる

幼稚園教諭1種免許、さらにキャンプインストラクターや学校図書館司書教諭など現場で役立つ資格も目指せます。
小学校の新学習指導要領では自然体験活動が重視されているため、キャンプインストラクター資格取得については実際にキャンプを体験しながら学習します。

教育方針・受入方針