教員紹介

教授

子ども学部 / 子ども支援学科

岩立 京子

Iwatate Kyoko

高校生へのメッセージ

幼児の生活、遊びや学びを豊かにするために、保育者には高い専門性が求められます。子ども支援学科で、先端の幼児教育・保育を学び、専門性の高い保育者を目指しましょう。

 
担当科目 教育課程論 保育相談支援 子ども学総論 教育実習指導(幼) 保育・教職実践演習 基礎ゼミナール ゼミナール
教育に対する抱負 質の高い幼児教育・保育は、子ども、特に貧困等の恵まれない環境で育つ子どもの人生を豊かにすることがわかってきています。質の高い保育をするためには、大学で学ぶ知識・技能だけでなく、子どもを実際に指導、援助する実習での学びが欠かせません。大学での学びが実習へ、実習での学びがその後の大学や保育現場での学びを豊かにする「理論と実践の往還過程」を経験しましょう。
研究に対する抱負 幼児期の社会情動的発達の過程やそれを支える保育者のかかわりに興味を持っています。また、幼児教育・保育の質や、幼児教育・保育を通した子どもの発達や学びをどのように評価できるのかを研究しています。
主な著書名 『保育内容 人間関係』光生館(共編著)、『幼児理解の理論と方法』光生館(共編著)、『教職課程コアカリキュラム』ジダイ社(分担執筆)、『保育者を生きる:仕事と専門性』東京大学出版会(分担執筆)、『保育のなかでの臨床発達支援』ミネルヴァ書房 (分担執筆)