教員紹介

 
野口 隆子

准教授

子ども学部 / 子ども支援学科

大学院:児童学児童教育学専攻/人間生活学専攻

野口 隆子

Noguchi Takako

高校生へのメッセージ

子どもを歴史的・社会文化的に捉え、発達を理解することは自分や相手、人を知ることにつながります。家庭と保育・教育などの集団場面での育ちをつなげて理解し、専門的に保育方法を学ぶことは、我々の生きる社会とその未来を考えることにつながります。緑豊かな狭山キャンパスで、一緒に楽しく、じっくり探求しましょう!

 
担当科目 保育原理,保育方法論,子どもと言葉,保育内容「言葉」の指導法,子ども支援論,スタートアップセミナー自主自律
教育に対する抱負 日常生活の中で感じる疑問、問題意識を授業と関連付けて学び、深く考える力、人と対話する力、さらに探求する力を培うことを大切にしています。
研究に対する抱負 「子どもの社会的発達」、「保育者の専門的発達とメンタリング」、「保育の質と研修」を研究テーマとし、子どもの成長と保育・教育のつながり、大人の学びを明らかにしようとしています。