児童学科

 

先輩の声

先輩に聞く「学び」活用術

~ 家政大だからできる「学び」。「自分の“好き”」の見つけ方を聞いてみよう ~

児童学科 育児支援専攻 S.F.さん

家政大は「一人の女性として、保育者として、心を豊かにできる場所」です。

Q1.自分の「好き」を見つけるきっかけとなった授業は?

A1. 1年次前期に履修した「音楽Ⅰ」です。 一人ひとりのレベルに合わせて丁寧にご指導くださる先生方の下、音楽で子どもとの日々を豊かにする基礎を学びました。 上手にピアノを弾くことだけが、保育における良い音楽ではありません。 子どもたちに歌に込められた思いを届ける伴奏を考えたり、オリジナル曲を作ったり、子どもと共にある音楽に向き合うことがとても楽しかったです。 この授業で保育者としての引き出しにもっと音楽の要素を増やしたいと感じたことが、その後の履修やゼミナール、卒業研究テーマの決定に繋がりました。

Q2.実習授業やプロジェクトの魅力は?

A2. 私の大学生活は、太鼓サークルなしでは語れません。 サークルは、普段関わる機会の少ない他学科・他学年の仲間と出会えることが、何よりの魅力です。 運営も学生主体で行われるため、日々の活動はもちろん、学園祭などの行事も自分たちの考えで取り組む経験から大きな充実感が得られます。 私は、太鼓サークルでの活動を通して「好きな自分」とも出会えました。 仲間と共に一生懸命和太鼓に向き合った時間が、自信に繋がったからです。 現在では和太鼓活動を行っている園も多くあるため、実習先の先生方とは和太鼓がいつも話のきっかけになりました。

Q3.サポートしてくれた先生はどんな人?

A3. 児童学科の先生方は、纏うオーラがお日様のように穏やかで、柔らかい笑顔がとても素敵です。
現場経験のある先生方ばかりで、園長まで務められた先生もいらっしゃいます。 また音楽や体育、造形など専門分野の先生方は、子どもたちを楽しませるスペシャリストです。 正解のない保育の世界で、豊富な経験に基づく先生方のお話は最高の教科書でした。 授業だけでなく、就活等の個人的な相談にも全力で応じてくださいます。 心豊かで温かい先生方から、たくさんの気づきと学びを得られた4年間でした。

Q4.家政大の"学び" を活かすには?

A4. 家政大で保育を学ぶ魅力の一つは、附属幼稚園や子育てひろば「森のサロン」などが構内にあり、子どもたちをより身近に感じられるところです。 私は1年次からボランティア制度を利用し、実際の子どもたちや保育者の姿から「生の学び」を得ていました。 また児童学科は、似通った志を持つ仲間と互いに良い刺激を受け合いながら、自分自身を見つめ、成長していける場所です。 保育者としてだけでなく、一人の女性として心豊かになっていける環境が家政大にはあるので、4年間で色々なことに挑戦してみると良いと思います。 その経験が自身の「学び」となり、一生の財産になるはずです。

児童学専攻

私の好きな授業

幼児音楽B

児童学科 児童学専攻 卒業生

子どもたちに音楽の楽しさを感じてもらうには、まず自分自身が楽しむことが大切です。それを実感できるのが「幼児音楽B」です。音楽にあわせてリズムをとることから始まり、踊ったり、声だけでハーモニーを奏でたり、絵本に音をつけて表現してみたりと、音楽のさまざまな表現方法を体感できます。ダンスも歌もピアノも大好きな私にとってはとても待ち遠しい時間で、毎回「楽しい」という気持ちがあふれました。一緒に授業を受けていると、友だちとの距離もどんどん縮まっていくようでした。

保育相談支援

坂田 知香子 [家政学部 児童学科 児童学専攻]

育児に対して不安や孤立感、負担感などを抱いている保護者への育児支援のあり方を学ぶのが「保育相談支援」です。授業は、保育の現場でカウンセラーとして活躍している先生が担当されます。そのため「子育てについて不安を抱くケース」から、「発達が気になる子どもについての相談」、さらに「虐待の疑いのあるケース」まで、実際にあった相談事例が教材になります。先生がどのように支援されたのかを学習すると同時に、「自分ならどのように対応するか」について考え、議論していくのがこの授業の特徴です。

子どものことばと文化

広瀬 芽衣 [家政学部 児童学科 児童学専攻]

「子どものことばと文化」は、絵本・紙芝居の読み聞かせの方法を学ぶ授業、各自で選んだものを読み聞かせ合います。思い出に残っているのは、屋外の芝生で読み聞かせをしたときのことです。偶然、通りかかった附属幼稚園の子どもたちが、私が読み聞かせをしていた絵本を見つめたり、セリフに反応したりしてくれたのがうれしく、幼稚園教諭になりたいという思いを強くしました。また、この授業で絵本約50冊を読み、リストを作る課題を通して、これまで知らなかった絵本を知ることができました。

児童学科 児童学専攻 卒業生

子どもたちの動きを予測して行動する。
卒論のために幼稚園の様子を観察した経験は、今の私の「教科書」です。

保育士か幼稚園教諭かで決めかねていた私にぴったりな大学

保育の仕事につきたいと思ったのは小学生の頃です。弟や妹の世話をするのが好きで、子どもの成長を見守れるような仕事がしたいと思うようになりました。大学進学でも保育の勉強ができるところを希望していましたが、まだ、その時点では保育士か幼稚園教諭かは決められずにいたので、保育士と幼稚園教諭の両方の資格がとれる大学に入りたいと思いました。他大学は幼稚園教諭資格のみというところが多いなか、両方の資格がとれる家政大学は私にぴったりで、第一志望で受験にのぞみました。

幼稚園での観察を通して保育のあり方を客観的に分析

私は卒業論文を「保育におけるほめること、しかること」というテーマで書こうと決め、論文作成のために保育の現場をじっくりと調査・研究しました。なかでも、週1回のペースで公立幼稚園に通い、子どもたちの様子や先生の指導の仕方を観察する機会を得たことは、卒論だけでなく将来の仕事を考えるうえでも大いに参考になりました。普段の実習授業では、子どもたちとのふれあいを通して保育の現場を体験するのですが、卒論のときは「調査・研究」が目的だったので、子どもたちや先生と交わるのではなく、私は第三者の立場に徹して現場をじっくりと観察していきました。先生たちが子どもにどのように関わり、声がけをしているのか、それに対して子どもたちはどんな反応を示したのかなど、動きを細かく観察してメモに書きとめていきました。観察を終えると印象も含めてレポートにしてゼミで報告し、ゼミのメンバーとの議論や先生からのアドバイスをいただきながら考えを整理していくことができました。仕事を始めて、保育の現場に入ってしまうと、私自身も当事者なので、なかなか客観的に見ることができなくなります。大学時代に、保育の現場を客観的に見ることができたのは、本当に貴重な経験でした。

取得資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭1種
  • 社会福祉主事任用資格

育児支援専攻

私の好きな授業

社会的養護Ⅰ

平谷 素子 [家政学部 児童学科 育児支援専攻]

「社会的養護Ⅰ」では、児童養護施設などでの子どもたちの権利や自立の保障、また、虐待防止などについて学びます。データや事例をたくさん用いるのが特徴で、施設に入所している子どもたちが自立していくために、福祉の専門職を目指す私たちに何ができるかを考えるきっかけになりました。なかでも授業で学んだ「5つのH(望ましい施設職員像の定義)」は、心に残っています。私も「温かい心、冷静な頭脳、実践する手、心身の健康、ユーモアのセンス」を備えた保育者を目指したいと思います。

幼児体育

児童学科 育児支援専攻 卒業生

子どもたちが幼児期に経験したり、身につけておかなければならない運動遊びを考え、その指導案を作成し、子どもにどのように関わっていけば良いのかを学ぶことができました。具体的には学生2人で1組になり、1人が保育者役、他の1人が子ども役になり、模擬保育(ロールプレイ)として鬼ごっこやフォークダンス、ボール、フープなどの運動遊びを展開します。とくに勉強になったのが友だちの模擬保育です。その話し方や説明の仕方、遊びの進行の仕方を見学することで、自分に足りないところが見えてきました。

保育内容の研究(表現Ⅱ)

児童学科 育児支援専攻 卒業生

私の夢は、子どもに寄り添い思いを受け止めながら、一緒に成長していける保育士、幼稚園教諭になることです。授業は忙しいですが、先生方はとても親身で、家政大学に入って本当に良かったと思っています。好きな授業は、ごっこ遊びや劇遊びを中心とした「保育内容の研究(表現Ⅱ)」です。自由に表現したり、友人と協力してひとつのものを創り上げたりすることが多く、楽しみながら実践する際の注意点を学ぶことができます。人前で表現することが苦手な人も、この授業を受ければ楽しさにきっと気づくはずです。

児童学科 育児支援専攻専攻 卒業生

安嶋 綾子さん

個性を尊重する関りがあって初めて心と心が通じあう。
それを私に教えてくれたのは、特別支援の園児でした。

保護者支援の重要性を感じ、育児支援専攻を選択

幼稚園の先生になりたいと思ったのは、通っていた幼稚園の先生が優しく、大好きだったからです。私も幼稚園の先生になりたいと、自然に思うようになりました。大学進学では、幼稚園教諭と保育士の資格が取れる大学をホームページなどで調べて比較しました。そのなかで、家政大学は幼児教育の現場経験が豊かな先生がたくさんいることを知りました。また就職率も高く、家政大学なら自分の夢がかなうと思い、志望しました。学科選択では迷わず児童学科を選び、専攻は育児支援を選択しました。テレビや新聞などで、家庭内での子どもの虐待や、育児放棄が社会問題として取り上げられていたこともあり、子どもが健康に育つためには、家庭の支援も大切だと感じていたからです。実際、育児支援専攻で学んだ保護者への支援方法は、幼稚園教諭となったいまに生かされていると思います。

子どもの個性に沿った心のつながりが大切

家政大学の授業は実践的で保育の現場に役立つものばかりでした。ゼミや学内サークルで保育と育児支援の現場にふれ、じっくり子どもたちと接することで、一人ひとりの個性や、子どもたちとの関わり方がわかってきました。就職については、公立幼稚園を目指していたので、地元・埼玉県の入間市と東京都特別区の幼稚園教諭採用試験を受けました。入間市は合格したのですが、保育園に配属される可能性もあるため辞退して、新宿区の幼稚園に教育補助員として勤務することを決めました。そして1年間働きながら、再び特別区の採用試験を受験して合格し、江東区に配属されました。特別支援の園児と関わるなかで私が感じたのは、一人ひとりの個性にあわせて関係をつくっていくことの大切さです。どんなに小さくても、子どもたちには個性があります。ゼミやサークル活動で学んだ子どもたちとの関わり方を思い起こし、保護者の皆さんともしっかり連携しながら、これからも園児たちの気持ちに寄り添っていきたいと思っています。そして、私自身も園児と一緒に日々の生活を楽しみながら、魅力的な幼稚園教諭になりたいと考えています。


安嶋綾子さんの取得資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭1種
  • 社会福祉主事任用資格