栄養学科

 

学科の概要

食と健康への理解を深め、幅広い分野を学びながら栄養の専門家を養成し国家資格取得を目指します。

栄養学科では、人々の食と健康の向上に尽力する人材を育成することと、中学校・高等学校教諭等の資格・免許を取得して社会で活躍する人材を育成するため、以下の2専攻を設置しています。


  • 栄養学専攻

    食品、調理、栄養に関する広い知識と実践的技能を授け、栄養士、フードスペシャリスト、家庭科教員、食品衛生監視員・管理者、HACCPの資格を活かして実務に適用できる人材の育成を目的としています。

  • 管理栄養士専攻

    栄養、食品、調理に関する基礎と臨床に関する深い知識と実践的技能を授け、医療、行政、教育、産業の領域で、専門知識および技術に優れた栄養管理士、食品衛生監視員・管理者として社会に貢献できる人材の育成を目的としています。

学科長メッセージ

健康、栄養、食品、調理など、食に関する専門知識知識や技能について学修し、医療、行政、教育、産業の領域で、専門家として社会に貢献できる人を育成することを目的としています。

教育方針・受入方針

専攻の違い

  栄養学専攻 管理栄養士専攻
特色 栄養について幅広く学び、食と健康に関わるさまざまな仕事につきたい人に向いています。食育分野で期待の高まっている栄養教諭をはじめ、家庭科教諭、保育園・学校・企業の栄養士など、幅広い知識と実践力のある食の専門家を養成します。 医療・福祉分野で期待される管理栄養士になることを第一に考えている人に向いています。チーム医療の重要性が高まる今日、人体の仕組みや臨床栄養学など医学的な分野まで深く学び、医師、看護師、薬剤師などと連携しながら、治療に向けた栄養管理ができる管理栄養士を養成します。
取得できる資格
  • 栄養士
  • 中学校教諭一種(家庭・保健)
  • 高等学校教諭一種(家庭・保健)
  • 栄養教諭二種
  • 管理栄養士国家試験受験資格
    (実務経験要1年以上)
  • フードスぺシャリスト(受験資格)
  • 食品衛生管理者任用資格
  • 食品衛生監視員任用資格
  • 大量調理施設HACCP管理者資格
    (東京家政大学認定)
  • 図書館司書
  • 学芸員
  • 栄養士
  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 中学校教諭一種(理科)
  • 高等学校教諭一種(理科)
  • 栄養教諭一種
  • 食品衛生管理者任用資格
  • 食品衛生監視員任用資格