看護学科

 

看護学科

教育課程編成の全体方針

看護学科が掲げるディプロマポリシーの実現と看護師、保健師、助産師の国家試験受験資格を取得するための「保健師助産師看護師学校養成所指定規則」に準じて編成しています。
いのちの誕生から老いまで、その人らしく生活することができるよう健康の保持増進と生活の質を維持するために、生命の尊重と人格の尊厳の理念と豊かな人間性と社会のニーズに対応できる質の高い看護実践力を有する専門職者として、また保健医療福祉の発展と向上に貢献できるよう、各年次において段階を追った講義・演習・実習科目を配置します。

教育内容

「教育課程編成の全体方針」に基づき、「基礎教養科目」「専門基礎科目」「専門科目」を配置します。

  1. 豊かな教養、コミュニケーション能力の育成、人間をさまざまな視点から理解し、科学的にそして看護の対象者の自由と権利を尊重した看護が実践できる力を身につけるために、「人間と社会・文化」「人間と自然」「人間と情報」「人間と言語」に区分した基礎教養科目を配置する。
  2. 看護学領域の学習の基盤となることを踏まえ、科学的根拠に裏づけされた看護実践能力が身につくように、「身体の構造」「精神の構造」「社会の構造」で構成した専門基礎科目を配置する。
  3. 保健医療福祉チームのメンバーとして、連携・協働を図りながら、地域住民の健康の保持増進及び障害の予防ができるよう、『健康教育』『保健医療福祉行政論Ⅰ』を2 年次に配置する。
  4. 学内で学修した看護の実践に必要な知識・技術・態度を統合する場として、さらに対象及び対象を取り巻くさまざまな人々と良好な関係を築きながら、対象者が望む生き方ができるように、創意工夫した看護援助を提供できるようにする力を培う場として、『臨地実習』を配置する。
  5. “看護とは”を問い、自己の看護観を明確にすることや、質の高い看護を提供するためにどうあるべきかなど、将来に向けビジョンが広がることをねらいとし、看護実践力の修得を図るために、4 年次に『統合実習』『看護研究Ⅱ』『看護管理』等を配置する。また、諸外国での保健医療活動等、看護が求められる様々な場を学修するために、『国際看護』等を配置する。

教育方法

  • 授業は、講義・演習・実習形態で行います。基礎教養科目、専門基礎科目の講義は、100 名単位で行いますが、看護の基本技術の講義・演習は、50 名単位のクラス別で行います。また、専門科目においては、教育効果を上げるために複数の教員による共同
    授業やオムニバス形式の授業形態を取り入れています。
  • 臨地実習では、学生は少人数のグループに分かれ、教員あるいは実習施設の実習指導者とともに対象者の援助を行い、看護実践力を身につけていきます。
  • なお、健康科学部として、リハビリテーション学科と合同で学修する基礎教養科目を設けています。入学後早期から「保健医療専門職」となることを意識付けるとともに、学科を超えて交流し合うこと、それぞれの専門性を生かし、互いに連携・補完し合う意識を育むことにしています。

評価

  • 各授業において定める方法によって単位認定を行います。
  • 臨地実習の評価については、評価表(ルーブリック評価表等)に基づいて、各領域の教員間で情報共有し、意見交換しながら、評価の妥当性に努めています。