児童学部

※開設予定

2023
4月スタート!

  • 児童学科児童学専攻
  • 児童学科育児支援専攻
  • 初等教育学科
scroll down

新時代の「子どもの教育とケア」を、学ぶ。
60年の「児童学」教育実績をもとに、
児童学部を開設。

保育所・幼稚園・小学校が連携して、一人ひとりの子どもの育ちに丁寧に関わる取り組みと学びが今、求められています。東京家政大学 児童学部では、今の時代に必要とされる新しい知識や技能を学び、60年の伝統に裏づけられた子どもの学問(児童学)を身につけます。

保育のスペシャリストを目指す〈児童学専攻〉。先駆的な子育て支援を行う〈育児支援専攻〉。確かな未来を拓く小学校教育を実現する〈初等教育学科〉。それぞれ固有の専門性と、それらをつなぐ広い視野で、子どもの未来社会を創造します。

2023年4月より
児童学部が誕生します!

  1. Before

    ~20233

    家政学部

    • 児童学科児童学専攻
    • 児童学科児童支援専攻
    • 児童教育学科

    服飾美術学科・環境教育学科・造形表現学科

  2. After

    20234月~

    児童学部

    ※開設予定

    • 児童学科児童学専攻
    • 児童学科育児支援専攻
    • 初等教育学科

    家政学部

    服飾美術学科・環境教育学科・造形表現学科

movie

動画を再生する

自分の将来を見つける学科えらび

児童学科

子どもに寄り添い、次世代の保育を創造する。

児童学科は、次世代の保育を創造するために、これまでの伝統を生かし常にアップデートし続けています。これまでの60年間、児童学科では、子どもに関する「保育・心理・文化・福祉・保健」の5分野からなる児童学を中核に据え、スペシャリストを全国に輩出してきました。

新たに設置される児童学科は、複雑化し変化する時代の要請に応じ、これまで培ってきた児童学をベースにして、子どもの幸せを第一に考え地域社会に貢献する人材を育成します。

ナースリールーム(東京家政大学内保育所)

児童学科

児童学専攻

確かな経験知と専門性を、
次代の保育者へつなぐ。

児童学専攻は、卒業生の多くが各地で園長や主任、そして園を支える保育者としての活躍により、高い評価を得てきました。保育現場での経験を重ね連携し、研究や研修に携わる多様な能力をもつ教員が、実践的で質の高い授業を通して、確かな経験知と専門性を新たなる世代へと伝授します。
子どもたちと一緒に楽しめる講義や演習での学びは、将来、子どもをみる深いまなざしや専門性を身につけ、保育現場で活躍したい皆さんへお薦めします。

公立保育士に多数合格!

受験対策講座や模擬試験など、効率受験のためのサポート体制が充実。
毎年多くの先輩が公立保育所へ就職しています!

保育士として就職した
卒業生のうち公立保育士合格者の人数
(2022年3月卒業実績)
25
保育士就職決定者数68

卒業生のデータについては、家政学部 児童学科 児童学専攻の情報となります。

児童学専攻授業の特色
  • 子ども理解研究

    子どもを理解することは保育の要です。障がいの有無に関わりなく、子どもが一人の人間としていきいきと園生活を送るために、保育者はどのように子どもと向き合い、理解したらよいのか、具体例や自分の体験を通して考えます。

  • 造形表現

    「ものや絵」による表現を「造形表現」ととらえ、造形表現活動に必要な知識と技を、自分自身が楽しむ中で体験的に学んでいきます。素材の特徴を知るとともに、造形表現における乳幼児の特性を学び、どのようなかかわり方が望ましいのかを探求します。

  • 音楽パフォーマンス(児童学特別演習A)

    子どもたちと音楽活動を行う保育者としての音楽的資質を高めるために、歌にある意味を理解した上での言葉を大切にした歌唱活動、子どもたちの歌のリズムニュアンスを獲得するためのリトミック演習、またその身体表現活動、子どもたちのための歌づくり、さらにその演奏演習などをおこないます。

  • グローバル保育(児童学特別講義B)

    現在、世界で活発になっている保育実践の新たな展開について、その実際を理解するとともに、その保育がどのような理論的文化的背景から成立したかを学びます。

児童学専攻カリキュラム

1年次:考え方を学ぶ 児童学の基礎を「保育」「心理」「福祉」「保健」「文化」の5分野から総合的に学びます。学内の付属幼稚園や保育所で行う「自校付属園実習」で、こどもと保育に触れることから児童学の学びを始めます。2年次:実習に備えて学ぶ 保育者として必要な基礎的倫理を学ぶ理論科目や、講義や実習で得た知識・技術を確かなものとする実習科目、さらに実技形式の授業により、確かな実践力を身につける応用・実践科目など、幅広く学びます。3年次:実習から学ぶ 実習科目、応用・実践科目が増え、さらに3年次からは児童学専攻科目を学んでいきます。4年次:学びを仕上げる 専攻の専門科目の学びを深め、保育・教育実習を行い、免許取得・就職に向けて学びを仕上げていきます。

児童学専攻取得できる資格

ほとんどの学生は、卒業後、幼稚園や保育施設に就職しています。毎年多くの学生が公立保育所の保育士採用試験に合格して就職しており、公立幼稚園にも年間10人前後合格しています。また、保育に関する研究を深めるために、東京家政大学大学院や他大学院へ進学する道もあります。

  • 幼稚園教諭一種免許状(全員取得が原則)
  • 保育士資格(全員取得が原則)
  • 社会福祉主事任用資格
  • 図書司書教諭
児童学専攻卒業後の
活躍フィールド
  • 保育士公立保育園(地方公務員)/私立保育所/認定こども園 など
  • 幼稚園教諭公立幼稚園(地方公務員)/私立幼稚園 など
  • 保育教諭認定こども園 など
  • 児童指導員
詳しくはこちら

卒業生のデータについては、家政学部 児童学科 児童学専攻の情報となります。

東京家政大学附属 みどりケ丘幼稚園

児童学科

育児支援専攻

社会のあらゆる場面で、
子どもを育む力を。

20年前の2001年、「子育て支援」を学ぶコースを全国に先駆けて設置。それが「育児支援専攻」です。育児支援専攻では、現代的なテーマについて幅広く学べます。

①地域子育て支援の企画に興味がある。
②多文化共生社会の子育てについて考えたい。
③保育カウンセリングや福祉のアプローチ方法を学びたい。
④社会に役立つ仕事に就きたい。

子どもの育ちに関わる多彩な分野で活躍できる構想力と実行力を身につけたい皆さんに、より実践的な学びを提供します。

公立保育士に多数合格!

受験対策講座や模擬試験など、効率受験のためのサポート体制が充実。
毎年多くの先輩が公立保育所へ就職しています!

保育士として就職した
卒業生のうち公立保育士合格者の人数
(2022年3月卒業実績)
32
保育士就職決定者数79

卒業生のデータについては、家政学部 児童学科 育児支援専攻の情報となります。

育児支援専攻授業の特色
  • 育児支援研究

    なぜ人は育児をするのか、親であるとはどういうことかについて検討し、「ケアすること」や「支援」とは何なのか、支援の楽しさと難しさについても考えます。子育てとその支援の本質について学んでいきます。

  • 在宅保育

    家庭訪問保育の具体的なイメージを持つことができ、その意義を理解するために、居託訪問型保育という家庭訪問保育の新たな事業や保育所等での集団保育との違いに着目しながら、在宅保育について学んでいきます。

  • 地域子育て支援の企画と運営(育児支援特別演習B)

    地域や社会全体で子育てを支え子育てが楽しくなる取り組みや提案を考え、発想法・情報収集術・PR・マネジメント(運営)など企画に関する基本的な考え方を体験的に学んでいきます。

  • 保育カウンセリング(育児支援特別講義C)

    保育カウンセリングには、保育者が行うものと心理職が行うものとがありますが、この両者の共通点・相違点を整理した上で、保育者の専門性を活かした保育カウンセリングについて、ロールプレイなどを交えながら学びます。

育児支援専攻カリキュラム

1年次:考え方を学ぶ 児童学の基礎を「保育」「心理」「福祉」「保健」「文化」の5分野から総合的に学びます。学内の付属幼稚園や保育所で行う「自校付属園実習」で、こどもと保育に触れることから児童学の学びを始めます。2年次:実習に備えて学ぶ 保育者として必要な基礎的倫理を学ぶ理論科目や、講義や実習で得た知識・技術を確かなものとする実習科目、さらに実技形式の授業により、確かな実践力を身につける応用・実践科目など、幅広く学びます。3年次:実習から学ぶ 実習科目、応用・実践科目が増え、さらに3年次からは児童学専攻科目を学んでいきます。4年次:学びを仕上げる 専攻の専門科目の学びを深め、保育・教育実習を行い、免許取得・就職に向けて学びを仕上げていきます。

育児支援専攻取得できる資格

毎年多くの学生が公立保育所の保育士採用試験に合格して就職しており、公立幼稚園にも年間10人前後合格しています。卒業生は、幼稚園や保育・福祉施設等資格を活かした就職先、また、ベビー用品などを扱う企業等、育児に関わる幅広い分野で活躍しています。保育に関する研究を深めるために、東京家政大学大学院や他大学院へ進学する道もあります。

  • 幼稚園教諭一種免許状(全員取得が原則)
  • 保育士資格(全員取得が原則)
  • 社会福祉主事任用資格
  • 認定ベビーシッター資格
育児支援専攻卒業後の
活躍フィールド
  • 保育士公立保育園(地方公務員)/私立保育所/認定こども園/乳児院、児童養護施設 など
  • 幼稚園教諭公立幼稚園(地方公務員)/私立幼稚園 など
  • 保育教諭認定こども園 など
  • 児童指導員
詳しくはこちら

卒業生のデータについては、家政学部 児童学科 育児支援専攻の情報となります。

ナースリールーム(東京家政大学内保育所)

初等教育学科

未来を拓く小学校教育のプロフェッショナルを。

変化の激しい未来社会では、主体性と対応力をもつ子どもの育成と、多様性を尊重する「小学校教育のプロフェッショナル」が求められています。新しい初等教育学科では、子ども一人ひとりの個性と心の理解を大切にし、子どもの発達を保障する専門職としての教師を育てます。そのために、全教科の学習指導を行う力、よいクラスをつくる授業実践力・学級経営力を養います。さらには、英語教育・情報教育などの時代の課題に対応できる学びも提供します。また、小学校教育を中心に据えながら、幼小連携の視点からの教育、中学校との連携についても学ぶことができます。

教員採用試験に向けた万全のバックアップ体制

教員採用試験に向けた指導やセミナー、教育委員会との連携講座などを実践して合格率をバックアップ。さまざまな教科ごとの模擬授業も数多く行い、自信をもって教職につくことができます。

全国トップレベルの採用率です!(2022年3月卒業実績)
教員採用率 80%
小学校教諭 63 現役(新卒)
幼稚園教諭 9

卒業生のデータについては、家政学部 児童教育学科の情報となります。

初等教育学科授業の特色

  • 発達心理学

    幼稚園や小学校の現場で出会う幼児・児童の理解や援助には、発達の理解が必要不可欠です。発達は連続的なものであるため、この授業では幼児期・児童期を中心に新生児期から青年期までの発達について概観し、各発達期の特徴の理解を目指します。また、発達の様々な側面を切り取り、「身体の発達」「記憶の発達」「思考の発達」などテーマごとの発達の連続性に目を向けながら、講義形式で発達の流れを説明していきます。

  • 道徳教育法

    2020年度から小学校では「特別の教科道徳」がはじまりました。
    本科目では、3〜4名のグループに分かれて、子どもたちが自分自身の問題として考えを深めていくために、教科書の教材をどのように扱えばよいのか、どのような問いかけや授業の組み立てが必要なのかを各グループで議論しながら模擬授業を実施し、子ども役となった学生とともに振り返りを行うことを通じて、新しい時代に求められる道徳の授業について体験的に学習していきます。こうした学習によって、道徳の授業を行うためのスキルを高めていくことを本科目では目指しています。

  • 体育基礎実技

    小学校学習指導要領に掲載されている運動種目の中から多くの現場で多く取り上げられている種目を実践します。
    自ら運動課題に取り組み、技や能力を習得することで、子どもたちへの実技指導に自信をもって臨めるようになります。たとえ、うまく習得できなくとも、自ら取り組んだ経験から、子どもたちに寄り添った指導が可能になるはずです。
    また、授業の始まりには毎時間交代で準備運動の指導場面を設定しています。クラスメートへ号令をかけ、模範を見せながら準備運動を行い、集団への働きかけを実践から学んでいきます。

  • 授業実践演習Ⅱ

    この科目ではまず、現場教員の授業を参観して授業分析を行います。次に、学生全員が毎回一人ずつ45分の模擬授業を行います。授業を構想する力と共に、子ども役の学生の反応を見ながら授業を展開していく力をつけていきます。模擬授業後に話し合いを深め、授業の知識や技術を蓄積していきます。これは、1年次の「基礎ゼミナール」で帰りの会の模擬授業、「授業実践演習Ⅰ」で15分間の模擬授業に取り組んだ学修の延長上にあります。
    授業力の育成を段階的におこなうカリキュラムになっています。この経験をもとに4年生前期に教育実習に臨み、授業実践を重ねていきます。

初等教育学科カリキュラム

1年次:教育の基礎を考える 教育の基礎科目中心の科目履修 「基礎ゼミナール」(共通教育科目)「授業実践演習Ⅰ」などで教育や教師の仕事について考えていきます。また、「音楽基礎」「造形基礎」などの実践的な学修も進めます。2年次:理路から実践へと広げる 教育実践基礎科目中心の科目履修 各教科教育内容の基礎的な科目に加え、各教科教育法の実践的な科目へと学びを広げていきます。さまざまな領域の教育法、指導法を身につけていきます。3年次:実践力を身につける 教育実践発展科目中心の科目履修 3年次までに終えるすべての教科教育内容と教科教育法を学びを生かして、「授業実践演習Ⅱ」で現場で役立つ実践量を身につけていきます。教育実習、教員採用試験に向けての対策を万全にしていきます。4年次:実践力に磨きをかける 実習と卒業論文中心の科目履修 これまで積み重ねてきた知識と経験をもとに教育実習へ。さらに各教科の教育実習を重ね、実践力に磨きをかけます。主体的に研究テーマを見つけて、4年間の成果となる卒業論文にも取り組みます。

初等教育学科取得できる資格

小学校教諭の養成に重点を置き、確かな授業力と学級経営力を身につけることのできる体系的なカリキュラムを用意。小学校教諭としての専門性を高めるとともに、特別支援教育やいじめ、不登校などの今日的な教育課題に対応できる、子ども理解に優れた教員の育成を目指します。小学校教諭だけでなく、幼稚園教諭の免許も取得できます。

他学科の科目を履修することで、中学校教諭2種(英語)の免許を取得可能です。 (ただし、時間割の関係から幼稚園教諭1種免許は取得できなくなります。)

  • 小学校教諭1種(全員取得が原則)
  • 幼稚園教諭1種
  • キャンプインストラクター
  • 学校図書館司書教諭※

修了証書の発行は卒業の翌年度

初等教育学科卒業後の
活躍フィールド

  • 小学校教諭
  • 幼稚園教諭
  • 保育士
  • 児童指導員
  • 個人教師(塾など)
詳しくはこちら

卒業生のデータについては、家政学部 児童教育学科の情報となります。

Q&A

質問文が入ります。質問文が入ります。
回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。
質問文が入ります。質問文が入ります。質問文が入ります。質問文が入ります。質問文が入ります。質問文が入ります。質問文が入ります。質問文が入ります。
回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。
質問文が入ります。質問文が入ります。
回答文が入ります。回答文が入ります。回答文が入ります。

ご挨拶

2023年4月、東京家政大学に、児童学科(児童学専攻、育児支援専攻)と初等教育学科(現:児童教育学科)から成る「児童学部」が誕生します。
児童学科・児童教育学科の歴史をさかのぼると、1949(昭和24)年に開学した東京家政大学の生活科学科(児童栄養専攻)が出発点ですが、当時は、ユニセフからの救援物資を受けたり、貧しい地域によっては子どもの身売りさえ見られるような時代でした。そのようなときに、いち早く東京家政大学では、子どもについての教育研究が進められていたのです。

「野ばら」という学科の機関誌第5号(1968年刊)には、こう書かれています。「児童というものについて正しい観念をもち、児童をしっかりとつかんで、子どもの将来の幸福を確保することが児童学科の使命である」。この「児童学科」を「児童学部」と読みかえれば、まさにこれからの児童学部が目指していることになるでしょう。教員免許や保育士資格をとることも大事ですが、子どもや保育・教育について考え、学ぶことが児童学部の主要な目的なのです。当時の志を私たちも受け継いでいきたいと思っています。

子どもの持てる力を伸ばすことができる保育や教育の仕事は、難しい面もありますが、一人ひとりの子どもの姿をとらえて保育や教育を構想し、実践する、クリエイティブな職業です。東京家政大学の児童学部は、保育園・幼稚園や小学校の先生になりたい、子どもに関わる何かをやってみたい、という人には、最適な学びの場といえるでしょう。子ども・保育・教育の専門家である多彩なスタッフと、学生の可能性を引き出すカリキュラム、のびのび学べる緑豊かなキャンパスと、なにより同じ目標をもった仲間がいるからです。
加えて、長年にわたって女性を応援し続けている東京家政大学だからこそできる教育があります。あなたに輝いてもらいたい。在学中も卒業後も、頑張るあなたを応援していきたい。私たちはそんな児童学部でありたいと願っています。

児童学部長(就任予定)
岩崎 美智子