造形表現学科

 

造形表現学科

造形表現に関する基礎的、専門的知識と表現力を修得し、社会に対する広い関心と自らの価値観にもとづき、実社会に貢献できる学生に対して学位を授与するものとします。

知識・技能

  • 造形表現の基礎的、専門的知識を持ち、社会との関係や役割(機能・社会的価値)を理解し説明できる。
  • 各分野の技能を身につけ、表現の制作意図に沿って、作品に具現化できる。

思考力・判断力・表現力

  • 発想から造形に至るプロセスを思考し、作品のコンセプトを構築できる。

  • 表現活動について、社会の変化に対応できる柔軟な発想と的確な判断力を持ち、立案・行動できるプレゼンテーション能力を身につけている。
  • 社会に向けた表現活動によるコミュニケーション力を持ち、自己表現できる。

主体性・多様性・協同性

  • 生涯を通じて造形表現への興味と関心を持ち続け、自主自律に必要なたくましい心と感性を持ち、自分の役割を理解し主体的に実行できる。
  • 身につけた知識、技能、感性、思考の多様性を把握し、様々な課題に対して、解決する能力を有している。

  • 持続可能な社会参加に向けて、専門領域外にも幅広く関心を持ち、コラボレーション制作等で他者と協働できる。