リハビリテーション学科

 

リハビリテーション学科

教育課程編成の全体方針

リハビリテーション学科の教育課程は、リハビリテーションに関わる専門職業人たるに相応しい人材育成の基礎となる学士力の涵養を目的として、作業療法士、理学療法士の国家試験受験資格を取得するための「理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則」に準拠し、編成しています。
リハビリテーション学科は、その人らしく生活することができるよう生活の再獲得を支援するために、生命と人格の尊厳の理念と豊かな人間性と社会のニーズに対応できる質の高いリハビリテーションサービスの実践力を有する専門職者を育成します。そのため、保健・医療・福祉の発展と向上に貢献できる人材を育成するカリキュラムを構成しています。また、学生が知識・技術・人間力を修得できるように下記のカリキュラムポリシーに基づいて授業を編成します。

教育内容

「基礎教養科目」

  • 豊かな教養、コミュニケーション能力の育成、人をさまざまな視点から理解するために、<コア科目>、<人間と社会・文化>、<人間と自然>、<人間と情報>、<人間と言語>に区分した基礎教養科目を配置します。

「専門基礎科目」

  • 人の運動・行動を解剖学、生理学、運動学、発達学的観点から分析考察ができる能力とリハビリテーション専門職として必要な医学的知識を修得するために、<人体の構造と機能及び心身の発達>、<疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進>、<保健医療福祉とリハビリテーションの理念>に区分し、該当する科目を配置します。

「専門科目」

  • 専攻ごとに<基礎作業療法学>、<基礎理学療法学>に区分し、該当する科目を配置します。
    科学的な根拠に基づいた評価及び各種疾患、障害に対応できるように専攻ごとに<評価学>、<治療学>、<管理学>に区分し、当該科目を配置します。学内演習では、一部にOSCE(客観的臨床能力試験)を用いて評価技術を高めます。
    保健・医療・福祉チームとして、連携・協働を図りながら、地域住民の健康増進及び障害予防の考え方ができるように『地域作業療法学』『地域理学療法学』『地域保健マネジメント学』を2 年次・3 年次に配置します。
    学内で学んだ知識と臨床での経験を統合できる機会として、対象者との人間関係の構築、施設内外における多職種連携の構築を経験し、将来の人間像を形成する場として、『臨床実習Ⅰ』を3 年次に、『臨床実習Ⅱ』を4 年次に配置します。学外実習では、クリニカルクラークシップ(診療参加型)を実施している施設もあるため、学内においても対応できる教育を行います。
    専門職としての基盤となる科学的に論理する思考力、自己研鑽力を身につけるために、『研究法』を3 年次に配置しゼミナール形式で進めます。『作業療法セミナー』『理学療法セミナーⅠ』『理学療法セミナーⅡ』及び『卒業研究』を3 年次・4 年次に配置します。

教育方法

授業は、講義・演習・実習形態で行います。専門科目においては、教育効果を上げるために複数の教員による共同授業やオムニバス形式の授業形態を取り入れます。さらに、e-learning を用いた先進的な授業や最新の医療機器を用いた実践的授業を導入し、質の高い知識・技術を習得できるよう構成します。また、新生児から高齢者まで多様なライフステージに応じた実習形態を導入し、かつ看護学科と連携した保健医療福祉の実践を経験し、学科を超えて交流し互いに連携・補完し合う意識を育みます。その他、大学に準拠します。

評価

臨床実習の評価については、ルーブリック評価に基づいて、教員間で共有し評価の妥当性に努めます。その他、大学に準拠します。