栄養科

 

栄養科

教育課程編成の全体方針

専門教育科目について、人々の生涯にわたる健康の維持・増進と心身の調和的発達に積極的に取り組む専門職となるために、教員の指導のもと、遺伝子・細胞レベルの生体メカニズムから、個体・集団レベルの健康の維持・増進に至るまで、食品学、調理学、栄養学、社会医学、臨床栄養学の各分野の学習を通して幅広い知識を修得します。基礎から応用まで多数の演習・実験・実習を行うことで、知識だけでなく、自分の体験をもとに物事を考える態度を身につけ、栄養学全般に関する実践的能力を養います。

教育内容

「初年次教育とキャリア教育」

  • 初年次教育は、1年次学生を対象に「自校・初年度教育科目」を前期開講し、栄養士を目指す上で必要な心構えや大学生像の形成をアクティブラーニング形式で学修します。また、1年次後期には「キャリア教育」を開講し、多様な領域で活動している外部講師を招聘し、栄養士資格者としてのキャリア形成の具体例を基に一人ひとりの学生が自分に合った将来像を考える機会とします。

「専門教育科目」

  • 専門領域に必須となる知識・技能を系統的に学修できる科目群に加え、演習科目、実験科目、実習科目といった本学科の特徴をなす実践的な科目を効果的に配置し、基礎的・概説的な科目から各論的・応用的な科目へと進むことができる系統性を担保しつつ、当該領域に不可欠な研究方法や態度を培う教育課程を編成しています。

「資格関係科目」

  • 栄養士、フードスペシャリストの免許・資格を取得するのに必要不可欠な科目によって編成されています。生涯にわたる健康の保持増進に係る教育を担う栄養教諭、家庭科教諭の免許・資格は、上記の資格とともに取得できるよう編成されています。

教育方法

大学に準拠する。

評価

大学に準拠する。