環境教育学科

 

環境教育学科

教育課程編成の全体方針

環境教育学科では授業科目を「基本教育科目」と「専門基礎科目」「専門応用科目」に区分し、さらに、後者にあっては「化学領域」「生命領域」「生態領域」「情報解析領域」の各領域に分類して、カリキュラムツリーにより学びの順次性をもって授業科目を開設しています。

教育内容

「基本教育科目」

  • 1・2年次に開設する基本ゼミでは、3・4年次に卒業研究を取り組むにあたって身につけてほしい環境に対する初歩的な見方や考え方、技能について、専門書を読んだり、実験を行ったりしながら学びます。そして、3年次後期から卒業研究として学びを集大成させることができるよう編成されています。

「専門基礎科目」

  • 環境に対する理解を科学的な視点から考察するため、1年次では生物学、化学を中心とした理科科目および数学の基礎を習得します。これら基礎科目に対応した実験実習科目を1年次に開設し、早い段階から知識の定着・深化を図ります。

「専門応用科目」

  • 学んだ専門基礎知識を土台にしてさらに発展させるため、2・3年次では4領域のより専門的な内容に関する知識を深め、各領域に関連した内容の実験科目を開設して、実践的な授業を通して習得した知識と分析技術を融合させた高度な専門スキルの蓄積を目指します。

「教員免許状・資格関連」

  • 中学校教諭一種(理科)・高等学校教諭一種(理科)、東京都一種公害防止管理者、環境プランナー、毒物劇物取扱責任者の資格の取得ができ、環境への深い理解と高い志を持つ総合力のあるリーダー育成のための指導を行います。

教育方法

  • 実験実習では双方向型授業を取り入れています。また、フィールドワークでは生態調査や環境教育実習をはじめ学外での実習も充実しており、それらの体験から積極的な行動力、探求心、問題解決能力を養います。野外実習としてハワイでの研修も学科として設けています。

評価

大学に準拠する。