大学として求める教員像および教員組織の編制方針

 

大学として求める教員像および教員組織の編制方針

本学は、建学の精神である女性の「自主自律」を実現するために、学生・教員・職員が一体となって、教育的努力により能力を伸長させ、教養を高め、専門的知識技能を養い、職能的訓練を施すとともに、勤労を好み、真に平和を愛する国家・社会の形成者を育成することを理念としている。この理念を実践するにふさわしい教員組織を編制するため、次のとおり大学として求める教員像と教員組織の編制方針を定める。

1.大学として求める教員像

東京家政大学として求める教員像は、本学の建学の精神、生活信条、および教育の理念を踏まえ、「学位授与の方針」、「教育課程編成・実施の方針」、「入学者受入れの方針」を理解し、本学における教育を担当するにふさわしい教育上の能力と教育研究の成果を広く社会に提供することにより国家・社会の発展に寄与する能力を有する者とする。

2.教員組織の編制方針

各学部・研究科は「教育研究上の目的」を実現するため、以下の事項に留意し「学位授与の方針」、「教育課程編成・実施の方針」に基づいた教員組織を編制する。

必要教員数

  • 大学設置基準、大学院設置基準に基づき、適切に教員を配置する。
  • 教育職員免許法等の関連法令に基づき、適切に教員を配置する。
  • 収容定員における教員一人あたりの学生数に配慮した教員組織を編制する。

教員構成

  • 特定の範囲の年齢、性別に著しく偏りが無いよう配慮する。

主要授業科目の担当

  • 主要授業科目については原則として専任教員が担当する。

教員の募集・採用・昇格

  • 教員の募集・採用・昇格にあたっては、本学の当該規程に基づき適切な運用を図る。

組織的な研修

  • 本学の当該規程に基づき、個々の教員および教員組織としての様々な活動全般に係わる能力の開発を行う。