障がいのある学生の受け入れ方針

 

障がいのある学生の受け入れ方針

本学は、建学の精神である女性の「自主自律」の実践を実現するため、障がいのある学生の受け入れ方針を定める。

受験機会の公平な確保

  • 本学および各学科の入学者受入れの方針は、障がいの有無にかかわらず、すべての入学希望者に妥当し、本学所定の出願資格・条件を満たす者は、受験資格を有するものとする。その合否判定に関しては、障がいを理由に不合格にすることも、またその逆をすることもない。

合意にもとづいた特別な配慮・支援

  • 受験時および修学時に特別な配慮・支援を必要とする場合は、入学試験要項に定められたとおり、出願手続前に問合せおよび相談することを必要とする。相談内容に応じ、本学が提供可能な配慮・支援その他の関連情報を提供し、当該入学希望者はそれらについて十分に理解した上での受験・入学の判断を行う。

特別な配慮・支援の可否

  • 入学希望者から事前の相談があった場合は、入学試験上の公平性、公正性、厳正性が担保されることを条件に、受験時に一定の特別な配慮・支援を受けられることがある。その可否と内容は、障がいの種類・程度、当該入学試験制度の目的・方法、本学の物理的事情等を勘案して決定する。
  • 修学時の配慮・支援については、相談時点で明確になっている情報のみを提供する。