東京家政大学博物館

平成29年 秋「辰五郎と滋の見た 明治の衣生活大転換」

開催期間  平成29年10月19日(木)~11月24日(金)
休 館 日  日曜・祝日・10月30日(月)
(10月29日は開館)
開館時間  9時30分~17時00分
 (入館は閉館の30分前まで)
開催場所  東京家政大学博物館
 (板橋校舎 百周年記念館5階)
 東京都板橋区加賀1-18-1
 TEL 03-3961-2918

ご来館の際は、守衛室 (正門・十条門・板橋門) にお声がけください 。              
入館料  無料
下 車 駅  JR埼京線 十条駅 徒歩5分
 都営三田線 新板橋駅 徒歩12分

◆イベント情報
◆チラシPDF (2.1MB)

◆展示風景
裁縫雛形とは



展示概要

 江戸末期の開国を経て、近代国家をめざした明治時代の日本は、欧米から多くの事物を取り入れ、人々の装いもまた大きく変化しました。その変化は「洋装化」にとどまらず、長らく日本人がなじんできた着物にもおよびます。また、羊毛やミシン等の新しい素材や技術の導入が、衣生活を根本から変えることになりました。
 
 本学の校祖 渡邉辰五郎(わたなべたつごろう)とその長男で二代目校長の渡邉(わたなべ)(しげる)は、まさにこの激動の時代を「裁縫」を武器に生き抜いたといえるでしょう。教育者として裁縫教育に尽力したのはもとより、まず自ら裁縫の技術に通じ、衣服への見識を深めました。
 
 本展では、明治時代の洋服と和服のほか、洋裁の型紙や裁縫(さいほう)雛形(ひながた)など、衣生活の変化に関わる資料を展示します。辰五郎と滋の視点を取り入れながら、明治という大転換期に日本人がどのように衣服を選び取り、新たな衣生活を築いていったのかを探ります。
 


 
     
 

文官大礼服  (上田萬年着用) 
明治後期

 

ローブ・デコルテ (渡邉辰五郎四女着用 )  明治末期

 

 改良服女物・改良袴   ( 復元 )
平成24年

 

     
 

染分変わり織地菊牡丹芙蓉貝桶扇模様振袖
明治末期

 

被布 明治後期

 

揚洲周延画《現世佳人集》 明治23年

 <右>裁縫雛形「渡邊式改良袴」 明治45年
 <中央>裁縫雛形「改良服女物・改良袴」 明治38年

 <左>裁縫雛形「女東コート」 明治42年


このページの先頭へ▲

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園