重要なお知らせ

 

高等教育の修学支援新制度

東京家政大学・東京家政大学短期大学部は、新制度の機関要件の確認申請を行い、9月20日付けで対象校として認定されました。
これにより、本学に入学される方で制度要件を満たす方はこの支援を受けることができます。
制度申請につきましては、下記のページを参照してください。
URL:https://www.tokyo-kasei.ac.jp/campus_support/scholarship/koutoukyoikushinseido.html
なお、本学では入学手続として入学時納入金(入学金・前期分授業料等)を期日までに全額納入していただき、入学した支援対象者には後日返還する対応とさせていただきます。

出願・各種手続きについて 
※こちらは昨年度入試に関する情報です。2021年度入試については決まり次第掲載します。

2020年度「一般入試」「センター試験利用入試」の合格者で入学時納入金の全額を納入したものが入学を辞退する場合には、入学辞退・学費返還の手続きを行うことにより学費等の一部を返還します。

  1. 返還できる学費等は、2020年度前期分授業料、前期分施設設備維持充実費、学生正課外活動費、後援会費とします。
  2. 入学辞退・返還の手続きとして、「入学辞退・学費返還願」をダウンロード・印刷のうえ、必要事項を記入してください。「入学金等受取書(本人控)」または、「授業料等受取書(本人控)」のコピーを貼付、「入学許可書を同封のうえ、封筒表面に「学費返還手続き」と朱書きし特定記録速達で「アドミッションセンター」宛に郵送してください。なお、振込口座名(名義)は本人または保護者とします。
    ※一括納入の場合は、「入学金等受取書(本人控)」のコピー。分割納入(1次・2次)された方は「授業料等受取書(本人控)」のコピーを貼付してください。なお、実物を貼付された場合、返却は致しませんので予めご了承ください。
  3. 入学辞退・学費返還願の提出期限は2020年3月31日(火)(郵送必着)までとし、提出期限を過ぎたものは返還しません。
  4. 返還金の送付方法は、「金融機関」振込とし、振込人名「学校法人 渡辺学園」で4月中旬頃までに返還する予定です。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、同ウイルスによる感染症が1月28日に指定感染症に指定されました。
本学では、『2020年度 一般入試・センター試験利用入試入学試験要項』にも明記しております通り、学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症に罹患し治癒していない場合、入学試験の受験をご遠慮いただいております。
詳しくは、『2020年度 一般入試・センター試験利用入試入学試験要項』の30ページをご確認ください。

なお、試験時間中にマスクを着用することは可能です。写真照合の際には、監督者の指示に従いマスクを一旦外すようお願い申し上げます。

国内でも感染者が確認されるなど、今後の感染拡大も懸念されています。また、インフルエンザも流行する時期でもありますので、うがい・手洗いなどの基本的な感染症予防対策を励行し、各自受験に向け予防に努めてください。

部活動等についての資料等の持参は可能です。

下書きなどをして間違いのないようにしていただくことが望ましいのですが、どうしても修正をしたい場合には、誤った箇所を二重線で消し、印鑑を押して訂正してください。

切り離さずにお使いください。

特に指定はありませんが、制服がある高校の受験生は制服で撮っている方が大半です。

1回の出願につき、1通の調査書が必要です。
一般入試とセンター試験利用入試は、WEB出願時に受ける日程を選択できるようになっているため、例えば一度の出願で1/25と2/5に受験する場合、まとめて出願することも、結果を見てから分けて出願することも可能です。
まとめて出願する場合は志願票も1枚にまとまり、1回の出願となるため、調査書は1枚あればよいです。分けて出願する場合、出願も二回になるため、それぞれに調査書が必要となり、合計2通の調査書をご用意いただきます。