教員紹介

 
松下 祥子

准教授

健康科学部 / 看護学科

松下 祥子

Sachiko Matsushita

高校生へのメッセージ

みなさんは、嬉しいとき、辛いとき、誰かと気持ちを共有できたり、それだ!と思うアドバイスをもらってほっとしたりしたことはありませんか。 健康にまつわる困っていることに、その人の背景や心身の状態を考えて手を届けられるのが看護だと思います。ご一緒に、あなたの目指す看護を勉強していきましょう。

 
担当科目 在宅看護学概論、在宅看護方法論、在宅看護の実践、統合実習、看護研究Ⅱ
教育に対する抱負 在宅看護学は、より療養者さんの人生や背景、信条や思い、趣味や楽しみ、地域とのつながりを考慮して支援する内容です。 それを考えられるようになるには、看護学の勉強をするとともに、学生さん自身が豊かな経験をし、その人の思いに寄り添える基盤を作ることが大切と考えています。
研究に対する抱負 看護の現場から、課題をみつけ、解決策を導くための研究を行い、それを現場にお返ししていくことを目指しています。
主な著書名 1)系統看護学講座 統合分野 在宅看護論(医学書院、共著) 2)改訂版ナーシングアプローチ 難病看護の基礎と実践-すべての看護の原点として(桐書房、共著) 3)第2版 在宅療養支援のための医療処置管理看護プロトコール(日本看護協会出版会、共著) 4)最新 訪問看護研修テキスト ステップ2 7難病患者の看護(日本看護協会出版会、共著) 他