教員紹介

准教授

健康科学部 / リハビリテーション学科

亀ヶ谷 忠彦

Tadahiko Kamegaya

高校生へのメッセージ

作業療法士として働くことの魅力は、自分が興味を持った知識や技術を追求し、個性を仕事の中で発揮できる点です。皆さんの興味や個性がたくさんの人々を健康に、幸福にします。本学で一緒に作業療法を学びましょう。

 
担当科目 老年期作業療法学、地域作業療法学、認知機能と作業療法、就労支援と作業療法、等
教育に対する抱負 学生の皆さんが将来、臨床や研究、教育の場に立った時に役立つ実践知を伝えます。作業療法士や研究者としての経験をもとに、様々な知見を知ること、好むこと、楽しむことができるような授業、ゼミを行っていきます。
研究に対する抱負 Think locally, act globally. Think globally, act locally. 研究のテーマを臨床や地域での実践から見つけ出すこと、そして、研究の成果を臨床や地域での実践へ役立てることを目指しています。
主な著書名 楽しくいきいき、認知症予防!利用者像に合わせた認知機能低下予防プログラムの実際(インターメディカ)、シーティング技術のすべて(医歯薬出版)、他