心理・福祉に関する資格

 

心理・福祉に関する資格

認定心理士 心理カウンセリング学科、教育福祉学科
認定心理士は、心理学の専門家として必要な基礎的知識や技能を身につけている事を保証する基礎的な資格です。将来、様々な資格とリンクしていく可能性はあります。定められた科目を履修することで取得できます。
社会福祉主事(任用資格) 教育福祉学科、児童学科育児支援専攻、子ども支援学科
福祉事務所など市や区の公的福祉相談機関で、福祉の相談業務など、専門に関わる職員を社会福祉主事といいます。大学で厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者から任用されます。●教育福祉学科では、社会福祉概論や児童福祉論、老人福祉論等を履修することで、「任用資格」が付与されます。●児童学科育児支援専攻では、社会福祉概論や児童福祉論に加えて児童相談所や知的障害児施設における社会福祉実習の科目を履修することで、「任用資格」が付与されます。
社会福祉士
(受験資格)
教育福祉学科
児童・高齢者や心身が不自由なひとのために、福祉に関する相談をおこない、助言や指導など効果的な援助を行うのが業務。社会福祉主事より高度な国家資格です。別名ソーシャルワーカーとも呼ばれ、各種相談所、社会福祉施設、社会福祉協議会、医療機関などが主な活躍の場となります。
精神保健福祉士
(受験資格)
教育福祉学科
精神病院や社会福祉の施設で、精神障害者の社会復帰の援助や相談を行う仕事です。また日常生活への適応のために必要な訓練や指導もおこないます。