栄養・健康に関する資格

 

栄養・健康に関する資格

管理栄養士
(受験資格)
管理栄養士専攻、栄養学専攻(実務経験要1年)、短大栄養科(実務経験要3年)
栄養学科管理栄養士専攻では卒業時に、栄養学科栄養学専攻では卒業後、1年以上の実務経験がある者、短大栄養科は卒業後、3年以上の実務経験のある者は管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。
栄養士 栄養学専攻、管理栄養士専攻、短大栄養科
栄養士免許は、定められた資格必修科目を履修することで取得できます。保健所、行政機関、学校、病院、給食センター、社会福祉施設、食品会社などで、栄養バランスを考慮した献立の作成や調理担当者への調理方法の指導、食生活改善などをおこないます。最近では食品会社の新製品開発、生活改善の指導など、活動の場が広がっています。
食品衛生管理者
(任用資格)
栄養学専攻、管理栄養士専攻
乳製品や食品添加物など、とくに衛生上の配慮が必要な食品を製造または加工する過程において、関連法規やその他の規制に対して違反が行われないように、製造・加工に従事する者を監督します。食肉製品、放射線照射食品、食用油脂などを製造・加工する施設の営業者は必ず食品衛生管理者を置かなければなりません。編入生は本資格を取得できません。
食品衛生監視員
(任用資格)
栄養学専攻、管理栄養士専攻
飲食物、器具、容器包装などによる衛生上の危険防止のために、飲食店や喫茶店、食品販売業、製造業などの施設に立ち入り、施設、設備、取り扱いなどの衛生状態を監視し、指導します。また、必要な場合は、検査のために食品などの収去も行います。編入生は本資格を取得はできません。
フードスペシャリスト 栄養学専攻、短大栄養科
食に関する専門知識(栄養と健康、機能性、安全性、品質)や技術をもち、食べ物や食生活について販売者や消費者に情報を提供したり、外食産業において食空間をコーディネートしたりする専門職です。