ファッションに関する資格

 

ファッションに関する資格

衣料管理士 服飾美術学科(一級、二級)
企業と消費者間の情報交流、衣料に関する教育、試験、分析、調査、研究などを行うことが主な業務です。指定を受けた大学(一級、二級)、短大(二級)で定められた単位を履修した者に与えられます。繊維、アパレル産業の幅広い分野での活躍が目立ち、百貨店やスーパーでの消費者教育、繊維二次メーカーなどの試験室での商品テストおよび企画、商品管理にも携わるようになりました。
繊維製品品質管理士(TES) 服飾美術学科
消費者からのクレームが出ないようにアパレル業界において繊維製品の企画、商品仕入れ、品質基準の認定などを行う専門職につく能力を有する人として社会的な評価の高い資格です。
ファッションビジネス能力検定 服飾美術学科
ファッション業界で働くための基本的な知識と技術を検定する資格です。一級から三級までの三つのレベルがあり、一級ではマーチャンダイジングやブランド企画力など、より専門的な能力が審査されます。
ファッション販売能力検定 服飾美術学科
ファッション業界の小売店で販売を担当するスタッフを対象とする能力検定試験である。日本ファッション教育振興会が主催する販売に関する基本的な知識と技術などの能力を検定する資格で二級、三級がある。
ブロンズライセンス 服飾美術学科
フォーマルウェアのルールマナーについての認定試験です。ブライダル産業を中心に的確にアドバイスができるスペシャリストとして注目を浴びているライセンスです。
商品装飾展示技能検定 服飾美術学科
ファッション業界の小売店で働く販売スタッフの地位向上を図ることを目的とした国家試験である。売り場における商品ディスプレーに関する技能や知識に対する一定の基準を検定し、公証する試験で一級から三級に分かれ学科試験と実技試験が実施される。合格者には一級は厚生労働大臣の、二級、三級は東京都知事名の合格証書が交付される。
パターンメイキング技術検定 服飾美術学科
パタンナーとして必要なパターンメーキングの技術と知識の能力を筆記を経て実技試験により評価する検定です。