グリム童話・アンデルセン童話

 

  ここでは、私(人魚姫)がグリム童話とアンデルセン童話についてお話ししますわ。

 

 

グリム童話とアンデルセン童話は同じタイプのように思われますが、実は全く違うタイプです。グリム童話は、民話や伝説を聞いたりして集め編集したものですが、アンデルセン童話は、自らで創作したものです。

 

★グリム童話

 グリム兄弟が、ドイツの民話を集め編集したものです。この童話は、聞いたりした話しをできるだけそのままの形で「子供と家庭の童話」にのせました。

 話しの特徴は、最終的に「悪は滅び、善が幸福を得る」というものです。

 

★アンデルセン童話

 ハンス・クリスチャン・アンデルセンが独自で創作したものです。子供にも読んでもらいたいということから、童話を書き、出版しました。

 

 

 

作品の一部

☆グリム童話            ☆アンデルセン童話

 赤ずきん              みにくいアヒルの子

 オオカミと7匹の子ヤギ       モミの木

 白雪姫               雪の女王

 いばら姫              マッチ売りの少女

 ハメルーンの笛吹          人魚姫

 ブレーメンの音楽隊         赤い靴

 ヘンゼルとグレーテル        おやゆび姫

 ラプンツェル            はだかの王様

 シンデレラ(灰かぶり)       白鳥の王子

 蛙の王子さま                 など・・・

 金のガチョウ   など・・・