[トップ]

ReportMagic の日本語設定方法


サンプルレポート

日本語化ファイル

インストール環境

	RedHat Linux7.2

インストールしたソフトウェア

	・zlib-1.1.4.tar.gz
	・libpng-1.2.4.tar.gz
	・jpegsrc.v6b.tar.gz
	・GDTextUtil-0.83.tar.gz
	・GDGraph-1.35.tar.gz
	・GDGraph3d-0.56.tar.gz
	・Config-IniFiles-2.27.tar.gz
	・HTML-Tagset-3.03.tar.gz
	・HTML-Parser-3.26.tar.gz
	・File-Spec-0.7.tar.gz
	

	以下は、使用するfreetypeのバージョンによってインストールするものが変わります。

	(1) freetype1.3.1を使用する場合
		・freetype-1.3.1.tar.gz
		・gd-1.8.3.tar.gz
		・GD-1.33.tar.gz
	(2) freetype2.1.2を使用する場合
		・freetype-2.1.2.tar.gz
		・gd-1.8.4.tar.gz
		・GD-1.41.tar.gz
	
	freetype1.x.x系列は、特許の問題があるそうなので、freetype2.x.x 系列を使用するほう
	が好ましいのですが、
	freetype2.x.x系列だと、画像ファイル内に正常に日本語文字列が表示されませんでした。
	(GDGraphライブラリのソースを変更すれば正常に表示することはできましたが、それでも
	フォントサイズが14のものしか表示できませんでした。)
	【変更箇所】
		(a) 3dグラフを使用する場合
		      GDGraph3d-0.xx/lib/GD/axestype3d.pmの534行目付近
			$self->{gdta_x_axis}->set_align('center', 'right'); を
			$self->{gdta_x_axis}->set_align('center', 'left');に変更します。
		(b) 2dグラフを使用する場合
		      GDGraph-1.xx/Graph/axestype3d.pmの1134行目付近
			$self->{gdta_x_axis}->set_align('center', 'right'); を
			$self->{gdta_x_axis}->set_align('center', 'left');に変更します。

(1) zlibのインストール 

	$ ./configure
	$ make
	# make install (as root)

(2) libpngのインストール 

	$ mv zlib* zlib
	$ mv libpng* libpng
	$ cd libpng
	$ cp scripts/makefile.linux Makefile
	$ make
	# make install (as root)

(3) freetypeのインストール 

	(注意)freetype2.x.x系列の場合のみ、./configureの前に設定を変更します。
		./include/freetype/config/ftoption.hの以下の部分を変更します。:
		#undef TT_CONFIG_OPTION_BYTECODE_INTERPRETER  →
		  #define TT_CONFIG_OPTION_BYTECODE_INTERPRETER
	$ ./configure
	$ make
	# make install (as root)


(4) jpeg-6bのインストール 

	$ ./configure --enable-shared
	$ make
	$ make test
	# make install (as root)

(5) gdのインストール 

	Makefileの編集
	【gd1.8.3の場合】
	   (a) CFLAGS = -O -DHAVE_LIBXPM -DHAVE_LIBPNG -DHAVE_LIBJPEG -DHAVE_LIBTTF
	                -DJISX0208 に変更する
	   (b) LIBS = -lgd -lpng -lz -ljpeg -lttf -lm に変更する
	   (c) INCLUDEDIRSに、-I/usr/local/include/freetypeを追加する
	
	【gd1.8.4の場合】
	   (a) CFLAGS = -O -DHAVE_LIBXPM -DHAVE_LIBPNG -DHAVE_LIBJPEG -DHAVE_LIBFREETYPE
	                -DJISX0208 に変更する
	   (b) LIBS = -lgd -lpng -lz -ljpeg -lfreetype -lm に変更する
	   (c) INCLUDEDIRSに、-I/usr/local/include/freetype2/freetype/config と
	                -I/usr/local/include/freetype2/を追加する

	$ make
	# make install (as root)

(6) PerlModuleのインストール

	ReportMagic解凍後に、下記コマンドを入力すると必要なPerlModuleがインストールされます。
	$perl Install.PL

	・・・が、私の環境ではうまくいかなかったので、手動でインストールすることとなりました。
	
	(a) GDのインストール(GD-1.33,GD-1.41ともに同じ)
		$ cd GD-1.XX
		$ perl Makefile.PL
		$ make
		$ make test (optional)
		$ make html (optional)
		$ make install
	(b) GDTextのインストール
		$ cd GDTextUtil-0.XX
		$ perl Makefile.PL
		$ make
		$ make test
		$ make demo
		$ make install
	(c) GDGraphのインストール
		$ cd GDGraph-1.XX
		$ perl Makefile.PL
		$ make
		$ make install
	(d) GDGraph3dのインストール
		$ cd GDGraph3d-0.XX
		$ perl Makefile.PL
		$ make
		$ make install
	(e) Config::IniFilesのインストール
		$ cd Config-IniFiles-2.XX
		$ perl Makefile.PL
		$ make
		$ make install
	(f) HTML::Tagsetのインストール
		$ cd HTML-Tagset-3.XX
		$ perl Makefile.PL
		$ make
		$ make install
	(g) HTML::Parserのインストール
		$ cd HTML-Parser-3.XX
		$ perl Makefile.PL
		$ make
		$ make install
	(h) File::Specのインストール
		$ cd File-Spec-0.XX
		$ perl Makefile.PL
		$ make
		$ make install