• 在学生・卒業生の声

養護教諭を目指す先輩

養護教諭
  • 心理カウンセリング学科 4年

子どもたちの心身の健康を支えるエキスパートになりたい

中学時代の養護教諭に「この仕事に向いているのでは」と勧められたことが、養護教諭を意識したきっかけです。家政大学を選んだ一番の理由は「カウンセリングを強みとする養護教諭」という学科紹介の言葉にひかれたからです。心理学を学び、カウンセリング技術を身につけることが、今の養護教諭に求められていることだと直感しました。心理学は実践的な授業が多く、なかでも「発達心理学」は、各発達段階における課題などについて具体例や動画から学びます。1年次の「養護教諭論」は4年間で学ぶことの基礎になりましたし、先生が経験された事例を聞くことができる貴重な授業でした。現代の子どもたちはさまざまな問題を抱えています。その心身の健康を支えるエキスパートとして、信頼される養護教諭になりたいと思っています。
私の将来の夢

大学院に進学した先輩

スクールカウンセラー
  • 心理カウンセリング学科 卒業 / 東京家政大学大学院へ進学

大学院で心理学の学びをさらに深め子どもも保護者も支援していきたい

家政大学への進学を決めたのは、養護教諭1種免許が取得できるからです。中学校の部活動ではケガをするたびに保健室にお世話になり、こうした経験から、多感な中高生の心身のサポートができたらと思い、養護教諭にあこがれました。印象に残る学びは、養護実習、看護臨床実習、臨床心理学実習などの現場実習です。教室内で行うロールプレイとはまったく異なり、患者さんや子どもたちの表情や反応から対応方法を考えなければなりません。思い通りにいかないことばかりでしたが、現職で働く方たちの対応を実際に観察でき、プロの対応をぜひ身につけたいと強く思いました。卒業後、家政大学大学院に進みました。もっと知識を深め、問題に直面する子どもたちだけでなく、保護者も支援できるスクールカウンセラーを目指しています。
私の将来の夢

夢をかなえた先輩たち

臨床心理士

臨床心理士と養護教諭の資格が取れる家政大学

心理学に興味をもったのは、中学生のときに「総合的な学習の時間」で深層心理について学んだことがきっかけでした。寒色と暖色、鮮明な色とくすんだ色など、色の違いによってそれを見る人の印象が違うことや、男性脳と女性脳についての話など、とてもおもしろい内容でした。「人の心って不思議だな」「まわりの人はどう考えているのだろう」と興味が広がり、大学で心理学の分野を学びたいと思うようになりました。そして、将来は人の心に関わる仕事をしよう、そのためにも心理学系の資格を取ろうと考え、臨床心理士の資格取得要件を満たす大学院をもつ大学を探しました。家政大学の大学院は臨床心理士の第1種指定校ですし、大学では養護教諭1種の資格を取ることができます。スクールカウンセラーとして生徒たちの心の問題に向きあう仕事もやりがいがあると思えたので、教育について学べることも私には魅力でした。

大学、大学院を通してひとつのテーマを追求

大学に入学したときから大学院進学を目指していたので、先生方にもそのことをお話しし、ふだんからアドバイスを受けるようにしていました。最もお世話になったのは「健康心理学」を担当されている三浦正江先生です。大学3年次から三浦先生のゼミに入り、テーマを設定して研究を進めました。私のテーマは「大学生の被援助志向性」というものです。大学生が、自身に何か問題が起きたとき、専門家に援助を求めたいのか、求めるとしたらどんな問題が相談しやすいのか、相談したいのにできない理由は何か、などを調べていきました。同級生や先輩・後輩の学生たちにアンケート調査に協力してもらい、男性のデータについては、他大学の男子学生に協力をあおぎました。テーマを設定したとき、周囲に援助を求める傾向に男女の差が出るのではないかと予想していましたが、分析すると男女差は出ず、相談したくてもできない理由として、まわりに知られることを不安に感じるなどの結果が出ました。この調査結果は卒業論文としてまとめ、大学院でも引き続き大学生の援助要請行動をテーマに研究を進めました。実は、大学時代のゼミで研究テーマを設定する段階から三浦先生のアドバイスを受けて、大学院での研究につなげられるテーマを選んでいたのです。大学院では授業も受けますが、指導教授の研究室に入って自分の研究テーマを深めていくことが中心になります。もちろん私は三浦先生の研究室に入りました。先生には研究テーマについてだけでなく、修了後の今もプライベートなことでも相談に乗っていただくなど支えていただき、感謝しています。大学院では大学での研究を一歩進め、大学生の援助要請行動を促進するためのプログラム開発に取り組みました。院生当時は、三浦先生のティーチング・アシスタントとして大学の授業のお手伝いをしていたので、学部生にプログラムの被験者になってもらいながら完成させていきました。ひとつのテーマについて大学時代から4年かけて研究してきたことを、プログラムという大きな成果につなげることができました。

患者さんに応じたカウンセリングを組み立てる

大学院修了とともに、銀座山崎メンタルクリニックに臨床心理士として勤務しています。当クリニックには、大学院時代から週1日、非常勤の心理士として働いていました。というのも、三浦先生の研究室の先輩が当クリニックに臨床心理士として勤務していたのですが、グループワークを実施するのでもう一人心理士が必要になり、非常勤で働かないかというお誘いを受けたからです。臨床の現場で仕事ができたことは、大学院だけでは得られない貴重な経験になりました。現在の臨床心理士としての私の仕事は、個人へのカウンセリングと、4〜5人で実施する集団認知行動療法、それに医師の依頼で知能検査を実施して所見をまとめることなどです。カウンセリングのやり方は、患者さん一人ひとりにあわせたオーダーメイドで組み立てます。患者さんの話を聞いて分析するだけがカウンセリングではありません。私がどのように反応して、どう声をかけるかも重要です。最初はつらそうにしていた患者さんがお会いするたびに表情が明るくなり、「こんなことができるようになりました」などと笑顔で言ってもらえると、私も本当にうれしくなります。これからも患者さんに寄り添って、私がいなくても、ひとりで立っていけるようにサポートしていく、そんな臨床心理士でありたいと思います。

  • 養護教諭1種
  • 図書館司書
  • 臨床心理士(大学院卒業後)
取得した資格

養護教諭

養護教諭の資格取得を目指し家政大学一本で受験

料理関係の仕事がしたいと思っていた時期もありましたが、高校生になって進路を決めるとき、養護の先生になる道も考えるようになりました。父が教員で母が助産師だった影響があったのかもしれません。養護教諭は家族よりも子どもたちと一緒に過ごす時間が長いので、子どもたちの助けになれると思ったのです。それでも気持ちが固まらず、家政大学のオープンキャンパスにも栄養学科の受験を考えて参加したのですが、そこで受けた個別相談で、心理カウンセリング学科では養護教諭の資格が取れることを知ったのです。心理学やカウンセリングの技術が学べるうえに養護教諭の資格が取れるのは私の希望にぴったりだと思い、心理カウンセリング学科の一般入試を受験しようと決めました。残念ながら力不足で1期、2期と落ちてしまいましたが、それでもあきらめずに家政大学一本で3期まで受け、合格することができました。

ゼミを通してコミュニケーションの大切さを知る

でも、希望の大学に入学できたことでホッとしてしまったのか、養護教諭になるための必修科目である「養護概論」の単位を落としてしまいました。そのとき担当の平川俊功先生は不合格にした理由をきちんと説明してくださり、最後に「ごめんね」と言ってくださったのです。この一言で私も目が覚めました。2年次に再び平川先生の養護概論を取り、無事に単位を取得できました。平川先生は、親身になってわからないところを教えてくださり、勉強の相談にも乗ってくださいました。4年次には平川先生のゼミナールに入って、養護教諭になるための実践的な知識や技術を身につけていきました。ゼミは学生自身が学びたいテーマを決めて取り組んでいくもので、保健指導の模擬授業をやってみたり、養護関連の論文を読んだり友人と誘いあって学外の研究会に参加したりしながら、養護教諭になるための視野を広げることができました。そして何よりも、ゼミでの活動を通してコミュニケーションの大切さを学べたことは、大きな財産になりました。というのも、養護教諭の仕事は、他の先生方や保護者との連携なしには進めることができないからです。コミュニケーションはとても重要です。テーマを決める相談や、発表に対して意見を出しあい、それに対してさらに自分の考えを伝えていくゼミでの経験は、実際の現場で役立っていると感じています。

保健室にやってくる生徒の心と身体のケアをしていく

さいたま市の公立中学校で養護教諭になり、2年目になりました。勉強してきたとはいえ、やはり思春期の生徒たちと接することのむずかしさを感じています。大学3年次に埼玉県のスチューデントサポーターとして中学生の教育相談の手伝いをした経験はありますが、いざ自分が養護教諭として生徒の相談に乗るとなれば、責任の重みが違います。優しいばかりではいられず、厳しくすべきときには厳しく、そのアプローチの仕方に日々苦心しています。体調がすぐれないからと保健室に来る生徒に詳しく問診してみると、夜中の2時、3時まで起きている生徒も多く、そんな生活をしていては、身体がきちんと成長できません。また、クラブ活動などでケガをした生徒が泥で汚れたままの状態でやって来ることもあります。私のところに来る前に、まず自分でケガした部分を水で洗わないと悪化することもあります。そんな当たり前のことから指導しなければいけないことが多いのです。なかにはリストカットをした生徒もいました。担任の先生や保護者と話しあい、問題解決の道を探っていくことになりますが、その際には当事者である生徒の心を傷つけないようにすることが大切です。平川先生は学生に、「養護教諭は止まり木だ」と話されていました。その言葉を、今深くかみしめています。生徒たちはさまざまなことに悩み、自分ではどうすることもできずに保健室へやってきます。私はそんな生徒たちの止まり木として、傷ついた生徒が羽根を休め、再び羽ばたけるようになるまでしっかりと支えていける存在になりたいと思います。

  • 養護教諭1種
取得した資格

一般事務(銀行)

体験型の実践的な授業が多く楽しみながら学べた4年間

高校時代の養護教諭の先生にあこがれ、養護教諭を目指していました。心理カウンセリング学科を選んだのも、養護教諭になるためのカリキュラムが充実していたからです。入学してみると、家政大学には体験型の実践的な授業が多く、楽しみながら学ぶことができました。AED(自動体外式除細動器)の使い方や止血方法などを、学生同士で養護教諭役と児童・生徒役を務めながら学んだ「看護技術」、楽器を演奏したり即興で演じたりしながら子どもの発達を援助していく「音楽療法」などは、体を動かしながら学んだこともあり、いまでもよく覚えています。ただ、養護教諭を経験されている先生の話などを聞くうちに、「この仕事は、あこがれだけでとても務まるものではない」という現実が見えてきました。高校時代、養護教諭の先生とよく話をしていて仲が良かったので、漠然と楽しそうな仕事だと思っていたのですが、私が目にしていたのは仕事のほんの一部分であることがわかったのです。そこで、2年次の途中からは一般企業への就職を視野に入れるようになりました。

お客さまのご要望にあわせた金融商品をご案内

就職したのは、最初に内定をいただいた三菱東京UFJ銀行で、アソシエイト職(一般職)として、地元である神奈川県の横浜支店で一般事務をしています。事務の業務は、入出金や振込などを扱う「決済」と、新規口座開設や退職金運用の相談、保険・投資信託商品のご案内などを行う「運用」の大きく2つに分けられます。いまは、口座開設などで窓口にいらしたお客さまに、金利優遇の定期預金のほか、年金保険や投資信託などの金融商品をご紹介しています。この仕事のむずかしさは、幅広い金融商品の知識を身につけなければならないことに加え、金融商品を求めてご来店なさっているわけではないお客さまに、セールスアプローチしなければならないところにあります。ご来店されたお客さまへの応対で心がけているのは、何気ない会話のなかに金融関連の話題を盛り込むことです。変化する金利や株価の動向、年金の話などをするなかで、お客さまが資産運用についてどのようなご希望をおもちか、引き出せるように工夫しています。

入行するまで、銀行の事務イコール決済業務というイメージが強くありました。そのため、お客さまに金融商品をセールスしたり、ご相談されたことにアドバイスしたりする運用業務を始めたときは、「私にできるだろうか」と不安になりました。そんな私でしたが、あるお客さまとの出会いをきっかけに、少しずつ運用という仕事のおもしろさがわかってきました。退職金の振込口座をお持ちだったあるお客さまに、退職金の運用プランなどをいくつかご案内したところ、「そのまま口座に預けておこうと思っていたけど、運用も考えてみようか」と興味を示してくださったのです。以来、そのお客さまは数週間に一度のペースで「中川さんはいますか?」と、相談に来てくださるようになりました。私を頼りにしてくださることが本当にうれしく、また励みにもなって「お客さまに心から満足していただける良い金融商品をご紹介したい」という思いで、金融商品について学んでいきました。

大学で学んだ「傾聴」の技能を接客や後輩の指導に生かしたい

銀行の仕事は、一見すると大学での学びとかけ離れているように思われるかもしれません。しかし、お客さまと接したり、社内の皆さんと良好な人間関係を築いたりしていく際に、心理カウンセリング学科で身につけた知識や技術が大きく役立っていると感じています。たとえば「カウンセリング実習」で学んだことのひとつに「傾聴」があります。これは、話し手が伝えたいことを受容し、共感して真摯に耳を傾けることで、話し手が自分自身への理解を深め、建設的な行動がとれるようにサポートしていくカウンセリング技能です。お客さまと接するときも、無理に金融商品をお薦めするのではなく、「傾聴」の技能を利用して、声のトーンを相手にあわせたり、前のめり気味の姿勢を取ったり、相づちのバリエーションを増やしたりするなど、お客さまが話しやすい雰囲気を作り、お客さまのお話を徹底的に聴くよう努めています。横浜支店には毎年数名、新しい方が入行してきます。私も4年目を迎え、以前に比べ後輩行員に教育する機会も多くなってきました。「人を指導する」という責任ある立場に就いたことが、さらに自分自身の成長にもつながっていると実感しています。

  • 認定心理士申請資格
  • 証券外務員1種(卒業後)

  • 生命保険募集人資格(卒業後)
  • 損害保険募集人資格(卒業後)

  • ファイナンシャル・プランニング技能検定2級(卒業後)
取得した資格

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園