• 学科の概要

学科のコンセプト

社会のあらゆる領域において、
心理カウンセリングの専門性と実践力のある人物の養成をめざします。

Point1

実践力のある
心理カウンセラーの養成

大学院(臨床心理士第1種指定校)で学ぶことで、6年一貫教育となり、心理学の知識、対人関係スキルを基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。臨床心理士(受験資格)に加え、国家資格の公認心理師(受験資格)を目指すことができます。
構成図
Point2

カウンセリングのできる
養護教諭を養成

子どもたちの心のケアを強みとする養護教諭を養成するため、心理カウンセリング学科には養護教諭1種課程を設置。3、4年次には、学校現場(保健室)や病院等で、養護教諭としての実習を行います。
Point3

社会で求められるジェネリックスキル
(コミュニケーション能力・データ処理スキル)を育成

心理統計法(1年次)、心理学実験基礎(1年次)、グループアプローチ実習(1年次)、心理調査法(3年次)、ゼミナールⅠ・Ⅱ(3・4年次)等、少人数で行われる充実した実習・演習科目を通して、様々な仕事で活かせるコミュニケーション能力・データ処理スキルを育成します。

教育方針・受入方針

アドミッションポリシー

心理カウンセリング学科は、「医療・教育・産業等の社会のあらゆる領域において、心理学の知識と対人スキルを備えた実践力のある人材を育成する」ことを人材養成及び教育研究上の目的としています。この目的に基づき、次のような意欲ある人を求めます。

  • 人間の尊厳を尊重し、人間に対する感性が豊かな人
  • 内省力、共感力を持ち、物事を多面的に考察しようという意欲のある人
  • 心理学、カウンセリング学及び養護教諭に関する知識・技能を社会に役立てたい人

ディプロマポリシー

心理学やカウンセリング学・養護教論に関する深い知識と高い実践的技能を有し、医療・教育・産業等の領域で専門知識・技能にたけた職業人として社会に貢献できる。

知識・理解

  • 心理学、カウンセリング学等の専門知識を修得し、これらに立脚した人間理解の方法を深く理解している。
  • 養護教諭に関する知識を深く理解している。

汎用的技能

  • 心理学、カウンセリング学等の文献を読むことができ、適切な学術用語を用いて論証的文章を書くことができる。
  • 心理測定等の基本的な統計の問題解析ができる。
  • 養護教諭にとって必要なスキルを実践できる。また自ら仮説を設定し、その論証に必要な手続き、方法、結果について妥当性、信頼性に基づき判断することができる。

態度・志向性

  • 心理援助の基本的なスキルである「共感性」を高めるために自身の言動を統制できる。
  • 他者と協働し、相手を尊重しながら肯定的な人間関係を作ることができる。
  • 心理学、カウンセリング学に係わる職業人として必要なコミュニケーション能力を身につけている。
  • 心理学、カウンセリング学での倫理規定を守ることができる。

総合的な学習経験と創造的思考力

  • 自己理解ができる。
  • 問題解決能力へ向けた内省ができる。
  • 専門職業人として必要なカウンセリングスキルを身につけている。
  • 自己実現に向け、その基盤ができている。

カリキュラムポリシー

心理カウンセリング学科では、学位授与の方針で示す人材養成の目的を達成するために、以下の点に留意してカリキュラムを編成する。

  • 心理学、カウンセリング学、養護教諭の専門知識を系統的に修得できるよう、講義及び演習科目を配置する。
  • 深い理解を促し、自ら学ぶ力を涵養するために、グループワークを伴う実験・実習科目を充実させる。
  • カウンセラー、養護教諭などとして活躍できる実践的な力を養うための実技・実習科目を配置する。
  • 多様な資料を批判的に検討する力、自ら研究を行う力を涵養するために、心理学研究法、心理統計法、ゼミナールⅠ・Ⅱを必修とする。

取得できる資格

卒業と同時に取得できる資格 卒業後も学んで取得を目指せる資格
  • 養護教諭1種
  • 認定心理士(申請資格)
  • 図書館司書
  • 公認心理師

    ※大学院修了後、もしくは卒業後の実務経験が必要

  • 臨床心理士

    ※大学院修了後(臨床心理士第1種指定校)

東京家政大学

板橋校舎 / 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
狭山校舎 / 〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1

学校法人渡辺学園

  • 東京家政大学
  • 附属女子中学校
  • 東京家政大学大学院
  • 附属女子高等学校
  • 東京家政大学短期大学部
  • 附属みどりヶ丘幼稚園